コメダ珈琲のジェリコ(筆者撮影)

コメダ珈琲の季節限定のデザート「ジェリコ」がお目見えです。自家製のコーヒーゼリーを使ったジェリコは、毎年人気になるデザートドリンク。2021年は元祖に加えて「リッチショコラ」「抹茶ミルク」が仲間入りしています。

元祖も相変わらずの美味しさなのか、そして新作の味は? 気になって仕方ないので、さっそくコメダ珈琲に行ってきました!
 

ジェリコ「元祖」の味や食感は?

たっぷりサイズの元祖ジェリコ(筆者撮影)


今回注文したのは「元祖」と2021年の新作「ショコラリッチ」です。まずは元祖。自家製のコーヒーゼリーとコーヒーの上に、クリームがたっぷりと乗っています。ちなみに、グラスの高さは20cmを超えるでしょうか。画像は、コメダ珈琲のテーブルにあるナプキンと高さを比較しています。
 

甘すぎないクリーム(筆者撮影)

まずは、クリームを1口。クリームだけで楽しむのが元祖ジェリコの「楽しみ方その1」ですよね。

まずはクリームを1口(筆者撮影)

食べてみると甘すぎない、しつこくないクリームです。ストローを使って、コーヒーゼリーを食べます。まだクリームが混じっていないので、コーヒーゼリーその物の味を楽しめます。これが元祖ジェリコの「楽しみ方その2」。

最後は、クリームとコーヒーゼリーを混ぜます。これが「楽しみ方その3」です。苦味のあるコーヒーゼリーと、クリームの甘味がすごくよく合います。スプーンを使うと、クリームがかかったコーヒーゼリーが食べられます。

ショコラリッチは、濃厚なチョコを楽しめる

ショコラリッチ(筆者撮影)


次は、ショコラリッチです。こちらも、3回楽しめますよ。まずは「楽しみ方その1」クリームだけを味わってみたいところ。

ショコラリッチもたっぷりサイズ(筆者撮影)

背の高いグラスには自家製のコーヒーゼリーが入っていますが、ドリンク自体はチョコレートが使われています。このドリンクが、また濃厚なチョコ味なのです。ドリンクだけでも一気飲みしたくなるほどなので、これがショコラリッチの「楽しみ方その2」です。

そしてクリームやチョコソースなど、まさにチョコずくしで、ほろ苦のコーヒーゼリーに甘いクリームを絡めながら食べるのがおすすめです。これが「楽しみ方その3」。

チョコクリームがたっぷり(筆者撮影)

実はこのショコラリッチを主に食べたのは、筆者の娘です。チョコ好きの女子高校生も納得の美味しさでした。
 

今回は元祖とショコラリッチを食べたのですが、次は抹茶ミルクを食べてみたいと思いました。そのくらい味といい食感といい、満足できるデザートです。元祖は580円(税込)、ショコラリッチは620円(税込)です。夏季限定のデザートで、9月下旬までの販売になっています。


【おすすめ記事】

コメダ珈琲の人気スイーツから「まっしろノワール」登場。蜂蜜とソフトクリームが最高のマッチング!

サブウェイの隠れた名品!? 甘いスイーツサンドが190円とは思えない美味しさ

ローソンのピスタチオアイスが復活!病みつきになるカリカリ食感

ニューヨーク、バスク…「チーズケーキ」の特徴ってちゃんと理解してる?

マックとペコちゃんがコラボ! シェイクとアイスが「ミルキーのまま」の味に