すき家さん、180円は安すぎます! 高級アイスと間違うほどの「いちごアイス」が新発売

すき家といえば牛丼! そうイメージする人も少なくないでしょう。実はアイスやプリン、ショコラなど本気度が高いスイーツがあるんです。新発売のアイスは、マスカルポーネといちごの見事なコラボ。他にも定番のスイーツがあるので、さっそく食べてみます!

すき家の「いちごマスカルポーネアイス」(筆者撮影)

すき家といえば牛丼! そうイメージする人も少なくないでしょう。確かにすき家は牛丼メニューが豊富で、味にも定評があります。でも案外知られていないのが、すき家のスイーツではないでしょうか。

実はアイスやプリン、ショコラなど本気度が高いスイーツがあるんです。新発売のアイスは、マスカルポーネといちごの見事なコラボ。他にも定番のスイーツがあるので、さっそく食べてみます!
 

口の中にほんのり漂うマスカルポーネがたまらない! いちごアイス

すき家から新発売!(筆者撮影)


すき家から発売になったアイスは「いちごマスカルポーネアイス ~ザクザク果実入り~」(税込180円)です。マスカルポーネチーズを加えているので、チーズの風味が強く出るのかなと思ったのですが、やはり主役はいちごでした。チーズの風味は強くなくて、後味にほんのり残る程度。でも逆に「あれ?チーズの風味?」と思ってしまうので、最終的にはマスカルポーネの印象が強くなっているような気がします。

美味しそうなピンク色(筆者撮影)


アイスには、いちごの果肉もしっかり入っています。
 

いちごの果肉もしっかり入っている(筆者撮影)

もちろんいちご味がベースになっているので、濃厚ないちごの風味が口の中に広がります。高級なアイスに引けを取らない美味しさで、これで180円というのはかなりコスパがいいと感じました。
 

なめらかすぎるプリンも見逃せない!

「なめらかカラメルぷりん」(筆者撮影)


すき家には、アイスの他にプリンもあります。

容器が傾いてしまい、カラメルが……(筆者撮影)

「なめらかカラメルぷりん」(税込150円)で、食べると口の中でとろん!となるだけではなくて、スーッととろけてしまうような食感。
 

とろけてしまうほど、とってもなめらか(筆者撮影)

甘味は強くないのですが、カラメルに少し苦味があります。とはいえ、嫌な味として口の中に残ることはありません。あえて苦味をつけているようで、大人のデザートとして考えてもいいかもしれませんね。
 

チョコの味が濃厚すぎるダブルショコラ

「とろけるダブルショコラ」(筆者撮影)

「とろけるダブルショコラ」(税込150円)を1口を食べた時、なんて味が濃いのだろうと思いました。でも、それもそのはず。カカオ80%のチョコレートを使ったショコラにプラスして、ショコラソースがたっぷり入っています。

味が濃そうな色合い(筆者撮影)


甘すぎるチョコではなくて、食べ飽きない甘さのチョコだと感じました。
 

底の部分にチョコソースが(筆者撮影)


食べた後は口の中にチョコの風味が残り、それが心地いいとチョコ大好きの知人は言っていました。食感はババロアのように柔らかく、プルンとしています。かなり濃厚な味わいですが、値段は150円というお手頃価格です。
 

いずれもテイクアウトができる

テイクアウトも利用可能(筆者撮影)


すき家のスイーツを3つ紹介しましたが、いずれもテイクアウトが可能です。ただ、冷凍で販売されているので、保冷剤を入れた保冷バッグなどを持参するといいかもしれませんよ。


【おすすめ記事】

好きなアイスランキング!3位「ピノ」2位「雪見だいふく」1位に輝いたのは、やはり…

ローソンのピスタチオアイスが復活 ねっとり食感とカリカリ感が病みつきに

マックとペコちゃんがコラボ!シェイクとアイスが「ミルキーのまま」の味に

これが300円ちょいで買えるなんて! ハーゲンダッツ新作はザクザク&濃厚すぎる2種

好きなアイスバーランキング!3位「ガリガリ君」2位「あずきバー」1位は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」