グッドデザイン大賞候補?世界初「紙カミソリ」に見るカミソリの未来

貝印は、4月22日の「地球の日(アースデイ)」から脱プラスチック仕様で世界初の「紙カミソリ」を販売すると発表。軽量・薄型、清潔で快適な構造、そしてジェンダーフリーなカラーバリエーション。今までの使い捨てカミソリを置き換える存在になるかも。

貝印は、脱プラスチック仕様で世界初の「紙カミソリ」を4月22日の「地球の日(アースデイ)」から販売すると発表しました。

紙カミソリ(5色セット・税込1100円)


創業100年を超える総合刃物メーカーとして、貝印が長年培った知見を最大限に活用して開発。単にプラスチックを紙に置き換えるのではなく、ハンドルの持ちやすさや切れ味にもこだわって設計されました。
 

金属と紙製で脱プラスチックを実現


SDGs(持続可能な開発目標)達成に向けた社会機運が高まる中で、環境に配慮した商品開発は使い捨てカミソリ国内シェアNo.1の貝印の責務といえます。


そんな貝印が社をあげて作ったまさに未来のカミソリ、それがこの「紙カミソリ」なんです。

 

脱プラスチック! 薄型・軽量で地球にもカバンにも優しい


ハンドルに紙、刃体に金属を使用することで、脱プラスチックを実現。組立前はわずか3mmの薄型で、重さもたった4gです。
 

薄型・軽量・コンパクト


使い捨てカミソリは、使う時間よりも持ち運ぶ時間の方が長いことも。薄型・軽量なのは嬉しいポイントですよね。


水やお湯に濡れても使用可能な耐水性に優れた仕様。そして紙スプーンや牛乳パックから着想を得た丈夫な構造です。
 

簡単に組み立てられる


組み立て時は刃の保護シールをハンドルに巻いて固定するなど工夫も施されていて、使い心地もプラスチック製と遜色のないように作られています。

 

ジェンダーフリーでオリジナル! 貝印が変えるカミソリの未来


計5色のカラーバリエーションにもこだわりが。ジェンダーフリーなカラー選定で、男女問わず使うことができます。
 

左から、オーシャンブルー・ボタニカルレッド・ヒスイグリーン・サニーイエロー・サンドベージュ


そもそもカミソリは男女とも使うものなのに、カラーが男女で分かれていた今までの方がおかしかったのかも……。まさにこれからの当たり前となっていく「未来のカミソリ」といえるでしょう。


さらに紙製のハンドルを活かし、好きな色やデザインを自由にレイアウトした、オリジナルカミソリの製作が可能。


貝印は企業の記念品やオリジナルグッズを予定しているそうですが、もしかしたら将来的には、マグカップやTシャツのように、個人でも「オリジナルカミソリ」を作れる時代が来るかも?


環境にもカバンにも、そして人にも優しい貝印の紙カミソリ。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

【おすすめ記事】

404エラーページまで話題に! 新しいクロネコヤマトがかわいすぎる件

おしゃれな上に高性能! いま話題の「大理石マスク」とは

イケアとレゴがコラボ! 大人も夢中になる最高の収納ボックスとは

累計65万部! 懐かしいのに新しい「文具柄ペンケース」の魅力

モスの新商品は高級食パン! その美味しさを発売前に感じる裏ワザ

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化