面接で「希望年収」を高めに出すと採用されませんか? 年収アップの交渉を成功させるには?

転職やキャリアに関する悩みや疑問に、ひとつ上を目指す人の転職サイト『type』編集長の三ツ橋りさが回答します。今回は「希望年収の伝え方」について。

面接で年収希望を聞かれた場合、本当のことを言っていいのでしょうか? 高めに希望を出すと採用されないこともありますか?
面接で希望年収を聞かれた場合、本当のことを言っていいのでしょうか? 高めに希望を出すと採用されないこともありますか?
転職やキャリアに関する悩みや疑問に、ひとつ上を目指す人の転職サイト『type』編集長の三ツ橋りさが回答します。今回は「希望年収の伝え方」について。
 

(質問)
面接で希望年収を聞かれた場合、本当のことを言っていいのでしょうか? 高めに希望を出すと採用されないこともありますか?

(回答)
適正な範囲であれば、多めに伝えても問題ありません。ただし企業や業界、経験の有無によって相場が異なります。また年収アップの交渉には相応の理由が必要です。高い年収で入社することによるリスクも考慮したうえで妥当なラインを見極めましょう。


詳しくは以下で解説します。

適正な範囲であれば、多めに希望を出してもOK!

年収アップを理由に転職をする人は非常に多いため、適正な範囲であれば希望年収を多めに提示すること自体は問題ありません。一般的には現職と同等~プラス50万円程度であれば好意的に受け取ってもらえることが多いはずです。

ただし、業界や企業によってある程度相場が決まっているため、提示した希望年収が相場とあまりにもかけ離れている場合は企業側が採用を見送るケースも。業界の平均年収や求人票に記載されている年収幅などは事前に調査しておきましょう。また、企業側も自社の給与テーブルや既存社員とのバランスを加味して提示していることが多いため、大幅な変更は難しい点は覚悟しておくとよいでしょう。

年収交渉には理由が必要。未経験転職で年収アップは稀

年収交渉する際は明確な根拠が必要です。「業務スキルはカバーしており、マネジメント経験がある分もう少し上乗せしてほしい」「早々にキャッチアップしてリーダーとしての役割を果たすので10万円アップはのぞめないか」など、自分がその会社でどのような貢献ができるのかを具体的に示しましょう。

なお、未経験の職種や業種に転職する場合、年収交渉は難しい場合が多いです。現年収がかなり低い場合は年収アップもありえますが、自分の市場価値に見合った年収を提示するという意識も必要でしょう。

高い年収での入社はリスクも……給与以外の条件にも目を向けて

高い年収で入社するということは、それ相応の貢献度が求められます。面接時に能力以上のことを伝えてしまうことでハードルが上がり、入社後に苦労するケースも。入社時の年収に固執するよりも、入社後の活躍により給与をアップさせることを目指す方が結果的にストレスがない場合もあります。

また、残業時間などの働きやすさや福利厚生など、給与以外の面も考慮に入れることが大切です。バランスを見て、自分の価値を適切にアピールできるよう準備してくださいね。

この記事の筆者:三ツ橋 りさ
2006年4月、株式会社キャリアデザインセンターに入社。転職情報誌『Womantype』の編集を経て、転職サイト『女の転職@type(現・女の転職type)』のUI/UX改善やサイトリニューアルなどに従事。13年4月~15年12月まで『女の転職@type(現・女の転職type)』の編集長に就任。産育休を経て16年11月より転職サイト『@type(現・type)』の編集長として復職。19年10月より2度目の産育休を取得し、21年5月に復職。21年6月から『type』編集長に就任し現在に至る。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない