日本で実写化するとしたら「シンデレラ」を演じてほしい俳優ランキング! 北川景子を抑えた同率1位は?

All About ニュース編集部は「ディズニープリンセス」に関するアンケート調査を実施。世界中の女性の永遠の憧れ、「シンデレラ」のイメージにぴったりな俳優とは? 全国の456人に聞きました。(サムネイル画像出典:北川景子さんの公式X)

All About ニュース編集部は、5月30日〜6月27日の期間、全国10〜60代の男女456人を対象に、「ディズニープリンセス」に関する独自アンケート調査を実施。今回は、日本で実写化するとしたら「シンデレラ」を演じてほしい俳優ランキングを紹介します。

1950年に公開されたアニメーション映画『シンデレラ』。“シンデレラストーリー”という言葉があるように、魔法にかかったプリンセスは世界中の女性の永遠の憧れです。2015年公開のディズニーによる実写化映画『シンデレラ』では、イギリスの人気俳優、リリー・ジェームズがシンデレラを演じました。
 
シンデレラ (字幕版)
シンデレラ (字幕版)


>8位までの全ランキング結果を見る

3位:北川景子

3位は、北川景子さん。抜群のスタイルと凛とした美しさで、俳優やモデルとして大活躍。2023年に放送されたNHK大河ドラマ『どうする家康』では、織田信長の妹・お市と娘・茶々の2役を演じ、迫力のある演技と黒髪の姫カット、あでやかな着物姿で視聴者を魅了しました。

回答者からは、「凛として美しく、ブルーのドレスが似合いすぎるから」(30代女性/静岡県)、「青いドレスが似合う。貧しいシーンから王子様と結婚するギャップをうまく演じる事が出来そう」(40代女性/茨城県)、「お顔が美しすぎる、そして継母たちからのイジメにも怯まない強い心を持っていそう」(30代女性/広島県)などの声が集まりました。
 
北川景⼦ 写真集『「37」20th anniversary』
北川景⼦ 写真集『「37」20th anniversary』

同率1位:橋本環奈

同率1位は、橋本環奈さん。2次元の世界から飛び出してきたようなビジュアルと演技力の高さでさまざまな役をこなし、数多くの実写化作品に出演しています。アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」の山田涼介さんと主演を務めたテレビドラマ『王様に捧ぐ薬指』(2023年放送/TBS系)では、美しすぎる“ド貧乏シンデレラ” のヒロインを演じ、ドラマ内で披露したウエディングドレス姿が反響を呼びました。

回答者からは、「綺麗で王子様に一目惚れされそうな感じです」(20代回答しない/愛知県)、「シンデレラストーリーがピッタリのイメージだから」(60代男性/愛知県)、「みすぼらしい姿も魔法がかかったあとも完璧に演じてくれそう」(30代女性/愛知県)などの声がありました。
 
橋本環奈写真集 カレイドスコープ 【電子特典カット付き】
橋本環奈写真集 カレイドスコープ 【電子特典カット付き】

同率1位:今田美桜

同率1位は、今田美桜さん。人気漫画が原作の実写化映画『東京リベンジャーズ』シリーズのヒロイン・橘日向役、人気小説が原作でアイドルグループ「Snow Man」の目黒蓮さんと共演した映画『わたしの幸せな結婚』のヒロイン・斎森美世役など、さまざまな実写化作品でヒロインを務めています。豊かな表情と幅広いイメージの役柄を演じ分ける演技力の高さで数多くの作品で活躍中です。

回答者からは、「待つだけのシンデレラにならなそう」(30代女性/新潟県)、「逆境に負けない強いシンデレラになりそうだから」(30代女性/富山県)、「目力が強いので、義母義姉からの理不尽な扱いに耐えた芯の強さを感じる。ハッキリした物言いや笑顔の印象がとても合っている」(40代女性/埼玉県)などのコメントが寄せられました。
 
今田美桜写真集 ラストショット
今田美桜写真集 ラストショット

 
※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
次ページ
8位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない