日本で実写化するとしたら「ベル」を演じてほしい俳優ランキング! 永野芽郁、今田美桜を抑えた1位は?

All About ニュース編集部は「ディズニープリンセス」に関するアンケート調査を実施。『美女と野獣』の美しく聡明なプリンセス「ベル」のイメージにぴったりな俳優とは? 全国の456人に聞きました。(サムネイル画像出典:永野芽郁さんの公式Instagram)

All About ニュース編集部は、5月30日〜6月27日の期間、全国10〜60代の男女456人を対象に、「ディズニープリンセス」に関する独自アンケート調査を実施。今回は、日本で実写化するとしたら「ベル」を演じてほしい俳優ランキングを紹介します。

1991年に公開され、アカデミー賞作品賞にもノミネートされたアニメーション映画『美女と野獣』に登場するプリンセス、ベル。読書と空想が好きで、好奇心旺盛。偏見を持たず、自分の価値観を大切にする聡明さが人気のヒロインです。2017年に公開された実写版では、イギリスの人気俳優、エマ・ワトソンがベルを演じました。
 
美女と野獣 (字幕版)
美女と野獣 (字幕版)

>11位までの全ランキング結果を見る

同率2位:永野芽郁

同率2位は、永野芽郁さん。NHK連続テレビ小説『半分、青い。』(2018年)、『ハコヅメ~たたかう!交番女子〜』(日本テレビ系/2021年)など数多くの人気作品に出演し、「第45回日本アカデミー賞」では優秀主演女優賞を受賞するなど、演技力でも高い評価を得ています。2024年5月公開の人気漫画の実写化映画『からかい上手の高木さん』では、高橋文哉さんと初共演。ヒロインの10年後の姿を演じ、注目を集めました。

回答者からは、「強く自分を持っていて、でも憧れのある女の子のイメージです」(20代回答しない/愛知県)、「優しさと芯のある演技が好きだから」(20代女性/石川県)、「相手を受け入れるという綺麗な心と相手の核を見抜くことの出来る眼を持っていると感じるから」(20代女性/京都府)、「野獣に対しても優しく接するベルが永野芽郁ちゃんの素直な感じに合っている」(30代女性/宮城県)などの声が集まりました。
 
永野芽郁「team mate vol.7」 ([テキスト])
永野芽郁「team mate vol.7」 ([テキスト])

同率2位:今田美桜

同率2位は、今田美桜さん。人気小説が原作の映画『わたしの幸せな結婚』、人気漫画が原作の実写化映画『東京リベンジャーズ』シリーズのほか、テレビドラマでは、主演を務めた『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)、『トリリオンゲーム』(TBS系)など数多くの作品でさまざまなヒロインを熱演。2025年度前期のNHK連続テレビ小説『あんぱん』でもヒロインを務めることが発表され、期待が寄せられています。

回答者からは、「綺麗でかわいいだけでなく、凛とした感じがベルっぽい」(20代女性/広島県)、「芯があって好奇心旺盛な感じが似ていると思うから。少し個性的な役でも演じられると思うから」(20代女性/東京都)、「好奇心いっぱいの女性を演じられそう」(50代男性/沖縄県)、「力強さが似ているなと思ったので」(20代女性/香川県)などの声がありました。
 
今田美桜写真集 ラストショット
今田美桜写真集 ラストショット

1位:芦田愛菜

1位は、芦田愛菜さん。5歳で出演したテレビドラマ『Mother』(日本テレビ系)で注目を集め、『マルモのおきて』(フジテレビ系)で共演した子役・鈴木福さんとともに一躍人気子役に。最近では、さまざまな番組で司会を務めるほか、出演作品での演技力の高さが話題を呼んでいます。人気漫画の実写映画化『はたらく細胞』(12月公開予定)で『マルモのおきて』以来、10年ぶりに阿部サダヲさんと共演することが発表され、期待が寄せられています。

回答者からは、「読者家という共通点があるし、意志が強いところも似ているからです」(30代女性/東京都)、「聡明で勇敢な、自分を強く持っているベルの性格・雰囲気にぴったりの顔立ちだと思います」(30代女性/神奈川県)、「野獣と暮らす中での繊細な心の動きの表現が上手そうだと思ったため」(40代女性/北海道)、「教養があって凛々しいから」(20代女性/兵庫県)などのコメントが寄せられました。
 
まなの本棚
まなの本棚


※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
次ページ
11位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない