福井県民が選んだ「街の住みここち(自治体)」ランキング! 2位「福井市」を抑えた1位は?

大東建託が実施した、過去最大級の居住満足度調査の結果から、「福井県の住みここち(自治体)」ランキングを発表! 2位は、県庁所在地の「福井市」。では1位は?

福井県民が選んだ「街の住みここち(自治体)」ランキング
福井県民が選んだ「街の住みここち(自治体)」ランキング
大東建託は6月26日、福井県居住者を対象に実施した、過去最大級の居住満足度調査の結果から「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2024<福井県版>」を発表しました。

福井県版「住みここち(自治体)」ランキングは、福井県に住む20歳以上の男女を対象に調査を実施し、2020〜2024年の4544人分の回答を累積して集計(一部の回答のみ2019年を追加)。回答者が50人以上の自治体を対象としています。
 
>5位までの全ランキング結果を見る

2位:福井市

2位は、県の北部に位置する県庁所在地、福井市。3月に北陸新幹線が福井駅まで延伸され、関東圏からのアクセスが良くなったことでもますます注目のエリアです。JR福井駅を中心に行政機関が集積し、福井県で最も人口が多い中枢都市として発展を遂げています。

実際の居住者からは、「閑静なところ。スーパー、薬局、飲食店、病院、ホームセンター等が近く、生活に便利。人々が穏やか。接客サービスで嫌な気持ちになった事がない。地元で獲れた魚介類、地酒、郷土料理がおいしい」「お店が混みすぎることがなく過ごしやすい。それに伴って店員さんの対応にも余裕があり対応に冷たいと思ったことがない。福井市から芦原温泉や三国など海沿い観光地へのアクセスが良いため、ちょっとドライブしたら日帰り旅行のクオリティでお出かけできるのが嬉しい」などのコメントが寄せられました。

1位:南条郡南越前町

1位は、福井県の中央に位置する、南条郡南越前町(なんじょうぐんみなみえちぜんちょう)。山々と日本海に囲まれた田園地帯が広がり、豊かな自然に恵まれています。交通面では今庄IC、南条スマートICがあるほか、「ハピラインふくい線」の4駅が利用できるため、福井や敦賀(つるが)などへ通勤しやすい交通利便性の高さも人気です。

実際の居住者からは、「山間の田舎だけど、日常生活に必要な物を購入できるお店、銀行郵便局、駅コンビニが徒歩圏内に揃っていて生活しやすい。ちょっとだけ非日常を味わいたければ、20分ほど歩けばサービスエリア道の駅、カフェなどがあり外食やお土産品の購入も可能。町内にカフェやピザ屋さんもあるのでママ友と集まる場所にも困らない。結婚後は全く不便を感じない。治安が良くて安心して暮らせる良い町です」「自然に恵まれ、学校や役場にも近く、買い物に行くにもあまり不便を感じない。また、高速や鉄道が近くを通っていて交通の便も良い」などのコメントが寄せられました。
 
※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
次ページ
5位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も