「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン 第16回

「ひどいことがあったらインスタで…」日本人とは真逆? チリ人の赤裸々な性格と「コミュ力」

チリ人が感じる、日本人とチリ人の性格の違いとは? 日本の裏側であるチリ・サンティアゴに住んでいるチリ人に、日本人の印象などをインタビューしてみました。

取材に応じてくれたパウラさん(写真:パウラさん提供)
取材に応じてくれたパウラさん(写真:パウラさん提供)
チリは、日本の裏側にある国。今回取材したチリ人のパウラさんは、首都のサンティアゴに在住しています。「日本が大好き」だと語るパウラさんは、2008年に北海道北見市に1年間留学をし、2023年4~5月にかけて日本を1人旅しました。

パウラさんから見て、日本人の気質や性格はどのように映るのでしょうか。

「チリ人は日本人と比べると話しやすい」

別の記事で「日本人の気質」について話してくれたパウラさんですが、さらに踏み込んだ違いも教えてくれました。

「日本人は自分が悲しんでいるときに話さない気がします」「チリ人はすごい話します」とのことです。

「友達から『めっちゃ悲しいよ』と言われたら、私のこと信じて話してくれたんだ、となります。友達の悲しい出来事は友達の問題であって、私の問題にはならないのでこちらに負担はありませんし、『教えてくれてありがとう』となります」と、友達からの悲しい話でもポジティブな意味で受け取ることができるようです。

「日本人は相手の問題になりたくないから話さないのかなって。それもまた、日本人が周りの人を大切にしている証拠だとは思いますが。でも私は逆に、言ってくれないと、何が起こっているのか分からないので誤解しちゃいます」と、日本人の特徴に理解を示しつつも、やはり何かあったときは言ってほしいと思っているようです。

また「私は小さいことでも何かあったら、すぐに友達に連絡します」「チリ人は日本人と比べると話しやすい気がします」と、チリ人のおおらかな雰囲気もあり、人に物事を言いやすい環境ができているのかもしれません。
パウラさんと友人ら(写真:パウラさん提供)
パウラさんと友達たち(写真:パウラさん提供)

赤裸々に話すことで「他の人を勇気づける」

「ひどいことがあったらインスタのストーリーズで書く人が多い」とも話してくれたパウラさん。「『今日めっちゃ嫌なことがあったよ』って、みんなに見せたいから更新します」「そうやって自分のことを赤裸々に周りに言うことは、言いたくても言えない他の人を勇気づけるのです。『この人が話したから私も話してみようかな』って」と、チリ人のとてもすてきな考え方を明かしてくれました。

しかし逆に「本当にプライベートはないですよ(笑)」とも。自分も周りもプライベートを話してしまうためです。日本人とはかなり異なる気がしますね。

人とのコミュニケーションが密であるチリ人。連絡が早い印象もあります。仕事中でもスマートフォンをいじっているのか聞いてみると、パウラさんは家での仕事でいつでもいじれる環境にいるとのこと。「ほかの人はどうだろう仕事によってかな……」と悩みつつも、外で仕事をしている友達に連絡をすると「返事は来る」ようです。

ちなみに、チリ人は「WhatsAppかインスタ」で連絡を取るとのこと。「X(旧Twitter)は使っている人はいますが、私にはちょっと難しいのであまり使っていません」と話しました。
パウラさんと友人(写真:パウラさん提供)
パウラさんと友達(写真:パウラさん提供)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない