「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン 第15回

取材したチリ人が「猫ミーム」BGMの日本語ver.を作った人だった! 実はチリで20年以上前に発表された曲

「日本大好き」なチリ人にインタビューしていたら、驚きの事実が判明! チリ・サンティアゴに住んでいるチリ人に、日本の印象や感じたことをインタビューしてみました。

取材に応じてくれたパウラさん(写真:パウラさん提供)
取材に応じてくれたパウラさん(写真:パウラさん提供)
今回インタビューしたのは、日本の裏側にあるチリ・サンティアゴに住んでいるパウラさんです。両国をつなぐ直行便はなく、気軽に行くには難しい距離がありますが、それでもこれまでに日本を2度訪れているそう。

そんな「日本大好き」なチリ人・パウラさんの日本への印象、興味を持っている日本の文化とは?

日本語で唯一難しいと感じるところは?

日本語が堪能で、アニメをきっかけに日本にハマったパウラさん。今は『NANA』(日本テレビ系)を見ているようです。日本語は15年以上学んでいて、文章でも会話でもコミュニケーションは問題ないように見えます。今回の取材は全て日本語で行われました。

しかし、それでも「漢字」は難しいと感じているようです。「ちょっと苦手です……」とのこと。チリの公用語はスペイン語のため、漢字にはなじみがないのでしょう。
 
アニメが好きなパウラさんが日本を楽しむ(写真:パウラさん提供)
アニメが好きなパウラさんが日本を楽しむ(写真:パウラさん提供)

「猫ミーム」BGMに携わったチリ人だった

1時間にも及ぶインタビューに快く応えてくれたパウラさん。前半から中盤にかけては日本とチリの違いを教えてくれ、いよいよインタビューも終わりというところで、パウラさんの口から突然「私が猫ミームの翻訳したの知ってますか?」との質問が!

「猫ミーム」とは2024年に日本でバズった猫動画のことで、日常のあるあるなどを切り取って動画にし、SNSで発信するのがブームになりました。動画のBGMに使われていたのがチリ人歌手・クリステルさんの曲『Dubidubidu』で、同曲の日本語ver.の歌詞への翻訳をパウラさんは担当したとのこと。
パウラさんがチリで教える生徒たち(写真:パウラさん提供)
パウラさんがチリで教える生徒たち(写真:パウラさん提供)

チリでは20年以上も前にリリースされた曲でしたが、日本で流行したことを受け、パウラさんはクリステルさんに「一緒に日本語ver.を作りませんか?」と連絡をしたようです。パウラさんは日本語が堪能で、仕事でもチリの語学学校「Clases de Japones Santiago」で日本語を教えているため、翻訳ができたのだそう。Spotifyや‎Apple Musicなどで『Dubidubidu - Christell Version - Japanese』というタイトルで曲が出てきます。サビの「チピチピチャパチャパ」は元の歌詞と同じですが、歌い出しは「歌いたいなら 遊びたいなら うちに来てもいいよ」と日本語となっています。日本語でもリズムが取れて、ノリノリで歌える歌詞です。

その歌詞をパウラさんが翻訳を手掛けたとは驚きですね。さらに「動画にも出ています」と教えてくれました。クリステルさんと一緒に歌っている左側の女性がパウラさんです。自ら連絡を取って翻訳し、動画にも出演してしまうなんてすごい行動力ですね!
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない