目黒蓮主演『海のはじまり』だけじゃない! 今夏注目の「STARTO社タレント」主演ドラマ3選

主に7月から放送がスタートする2024年の夏ドラマでは、STARTO ENTERTAINMENTのアイドルが多く主演を務めます。この記事では、STARTO社のタレントが主演を務めるドラマをピックアップし、見どころと魅力を紹介していきます。

2024年も夏ドラマのラインアップが出そろい、さまざまなジャンルの作品を見ることができそうです。そんな中でも注目なのが、STARTO ENTERTAINMENT(以下、STARTO社)のタレントたち。今期の夏ドラマで1番注目を集めそうなSnow Manの目黒蓮さん主演の月9ドラマ『海のはじまり』(フジテレビ系)をはじめ、多くの作品でSTARTO社のタレントが主演を務めます。

今回は、別記事でも紹介している『海のはじまり』のほか、STARTO社のタレントが主演を務めるオススメドラマを3つ詳しく紹介していきます。

大注目の『海のはじまり』は見ずにはいられない

まずは、ここ最近では視聴率の低迷が続く月9ドラマで、いろいろと注目される『海のはじまり』を簡単に紹介します。

目黒さんが主演を務め、スタッフには脚本・生方美久さんをはじめとする大ヒットドラマ『silent』(フジテレビ系)のスタッフが集結。目黒さんが演じる主人公・月岡夏は、大学生時代の恋人の死をきっかけに、血のつながった娘・海と出会うことに。いきなり現れた娘との新しい生活を中心に、“親子の愛”をテーマとして作品が描かれていきます。

また、ドラマのキャッチコピーは「選べなかった“つながり”は、まだ途切れていない」となり、“つながり”が重要なキーワードに。『silent』でも、登場人物たちの心の揺れ動きを丁寧に描いただけに、どんな「愛」や「つながり」を見せてくれるのか期待大。毎週月曜の夜9時から放送予定で、初回は2024年7月1日です。

詳細は、こちらの記事で詳しく紹介しています。

山田涼介が初の教師役に挑む『ビリオン×スクール』

さて、『海のはじまり』以外にも注目ドラマは多く、1つ目はHey! Say! JUMPの山田涼介さんが主演を務める『ビリオン×スクール』(フジテレビ系)です。

山田さんは、『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)以来、約10年ぶりに学園ドラマに参加。初の教師役となり、新しい魅力を見せてくれそうです。山田さんが演じる加賀美零は、日本一の財閥系企業のトップで「億万長者=ビリオネア」の富豪。加賀美は身分を隠して学校の教師となり、ある目的のために「やる気ゼロ、才能ゼロ、将来性ゼロ」な生徒たちと対峙(たいじ)していく――という学園コメディー作品です。

この加賀美は学校の常識が全く通用しない教師で、どこか大ヒットドラマ『GTO』(カンテレ・フジテレビ系)の雰囲気も感じさせます。行動力だけでなく資産も桁外れで、加賀美は庶民と感覚が大きくズレていて周囲といろいろな軋轢(あつれき)を生み出す設定です。常識外れの教師が問題児たちとぶつかり合う姿を描くドラマで、これまでになかった新しい形の教師像を表現してくれることでしょう。

山田さんはこれまでもさまざまなキャラクターを演じていますが、どれも役が憑依したのかと思うほどにマッチ。特に今回のドラマのようなコミカルな作品で力を発揮することが多く、山田さんの俳優としての実力を堪能できるでしょう。

豪華な共演者にも注目! 安達祐実は“AI教師”役に!?

また演出は、『おっさんずラブ』シリーズ(テレビ朝日系)などで人気の瑠東東一郎さんが担当。テンポが良くコミカルで、スタイリッシュなドラマを作り上げてきた瑠東さんが手掛けるドラマということで、期待度はかなり高くなっています。
  共演としては、加賀美の秘書でボディガードの芹沢一花を木南晴夏さんが務めます。また、私立絵都学園・3年0組の生徒として、Travis Japanの松田元太さんをはじめ、柏木悠さん、水沢林太郎さん、奥野壮さん、倉沢杏菜さんらが参加。さらに、志田未来さんやMEGUMIさん、市村正親さんらが名を連ねています。

中でも注目なのが、“AI教師”役となる安達祐実さん。天才発明家でもある加賀美が開発した超高精度動的教育用AIプログラムを搭載したティーチとして、AI教師を演じることになります。どんな形で、AIの教師を見せてくれるのか楽しみです。

ドラマは2024年7月5日からスタートし、毎週金曜の夜9時から放送。主題歌となるAdoさんの新曲『ルル』も気になるところです。
次ページ
渡辺翔太のイケメンぶりを堪能できる!?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も