朝倉未来プロデュース、「Dark Idol」オーディションが始動。敗者に「まだ諦めちゃ駄目だ!」声援相次ぐ

朝倉未来さんがプロデュースする「Dark Idol」のオーディション動画第1弾がYouTubeで公開され、話題を呼んでいます。(サムネイル画像出典:「朝倉未来 Mikuru Asakura」)

総合格闘家で起業家の朝倉未来さんが6月20日、自身のYouTubeチャンネル「朝倉未来 Mikuru Asakura」で動画を更新。「Dark Idol」のオーディション動画を公開しました。
 

【実際の動画:朝倉未来、「Dark Idol」オーディション動画に反響】

“訳あり”女性の「セカンド・チャンスを応援したい」

清純かれんな印象を抱きやすいアイドルですが、朝倉さんはいわゆる“訳あり”な女性たちが「アイドルになるラストチャンス」「女性のセカンド・チャンスを応援したい」と、このプロジェクトを始動。“ダーク”らしく、スカウト場所は新宿・歌舞伎町で。そのほか全国から応募者も殺到したようです。
 

審査員には朝倉さん、元AKB48でタレントの横山由依さん、音楽プロデューサーの松隈ケンタさん、ダンサーで振付師の周平さんに加え、アイドルファン150人が審査に参加。観客と審査員によって第一印象をランキング化した40人が、最終候補生として登場しました。2人の候補生が、歌唱、ダンス、フリーアピールを披露し、審査員がジャッジ。その組み合わせ方法も格闘家ならではの特徴があり、ランキング下位VS.ランキング上位というもので、「40位が1位に下剋上」もあり得る白熱のバトルを展開します。

敗者に声援、続々と……

このオーディション動画のコメント欄には、ある1人の候補者に向けた声援が多く寄せられました。その人は、ファーストランキング12位のMerryさん。「クォーターに生まれ苦しみ続けてきた人生」というMerryさんは、物心が付いたときからいじめに遭い、さらに無職の兄2人や祖父の看病をする母のため、キャバクラで稼いだお金を仕送りしていた中、兄が死去。
 

家族を支えることが生きがいだったというMerryさんは、「人生不公平」と思っている人へ勇気や希望を与えたいと大阪から上京し、「クォーターにアイドルが出来るのか?」という世間の偏見を変える挑戦をしたいと語っています。
 

しかし、残念ながらバトル相手のファーストランキング29位・緒方心菜さんに敗北。「こんな美貌とスタイルにうまれたこがすでに奇跡」「とても素敵でした」「めっちゃ綺麗やし魅力ある」「メリーさんまだ諦めちゃ駄目だ!」「またどこかで見たいです!がんばって」と、温かい声が相次ぎました。

つんく♂さん×朝倉さんの対談も

この動画では、オーディションの様子のほか、後半では朝倉さんと、音楽家や実業家として活躍するつんく♂さんの対談も。もし、つんく♂さんが「Dark Idol」のプロデューサーなら、どのような曲をリリースするのか? オーディションでアイドルを選ぶ基準などが語られています。「つんくさんとの対談がめちゃおもろかった」「最高に良かった」「見入ったわ」と反響を呼びました。
 

プロジェクトはまだ始まったばかり。もしかすると、あなたの“推し”が見つかるかもしれません。気になる人は、ぜひ動画をチェックしてみてください。
 

 
強者の流儀
強者の流儀
次ページ
関連動画もチェック!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない