「48グループ」を卒業した好きなメンバーランキング! 2位「大島優子」を抑えて1位に選ばれたのは?

「AKB48グループ」の多くのメンバーは卒業後も、芸能界で活躍しています。そこで、今回はすでに「AKB48グループ」を卒業した元メンバーについて、オリジナルのランキングを作成しました。(サムネイル画像出典:大島優子さん公式Instagramより)

秋元康さんが総合プロデュースする「AKB48」は、各地に姉妹グループが存在します。海外で活動するグループもあり、まとめて「AKB48グループ」と呼ばれ大人気です。

今回は、そんな「AKB48グループ」を卒業したメンバーにスポットをあて、ランキングを作成しました。

All About ニュース編集部は2月10日~3月5日、全国の10~60代の男女277人を対象に「AKB48グループの卒業メンバー」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から、「AKB48グループを卒業した好きなメンバーランキング 」を紹介します!

>14位までの全ランキング結果

2位:大島優子

2位にランクインしたのは、大島優子さんです。子役として活動した後、2006年にAKB48の2期生オーディションに合格。ダンスパフォーマンスに定評があり、主要メンバーとしてグループの人気を支えました。

グループ在籍時から俳優業でも活躍し、2011年の「タレントCM起用社数ランキング」では、女性タレントとして最多となる19社のCMに出演し大ブレーク。2014年6月にグループを卒業すると、映画『紙の月』に出演し、俳優としての実力が認められ、「第38回日本アカデミー賞」で優秀助演女優賞を受賞します。

NHKの連続テレビ小説では、『あさが来た』『スカーレット』に参加し、ドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)ではメインキャストを担当。映画作品として、『とんび』『七人の秘書 THE MOVIE』などに出演し実力を発揮します。

2024年2月には、映画『マダム・ウェブ』の吹替を担当し活躍の幅を広げつつ、プライベートでは、俳優の林遣都さんと結婚し、2023年1月には第1子を出産するなど公私ともに順調な様子を見せています。

回答者からは、「笑顔がかわいくて、他のメンバーを支える感じがして良かった」(30代女性/鹿児島県)、「卒業してからもきちんと自分の価値や、立ち位置をうまく利用して活躍できていると思う」(40代女性/千葉県)、「気取ったところがなく、親しみやすい。林遣都と結婚して円満に家庭生活を送っているから」(60代男性/神奈川県)などの意見が寄せられました。

1位:指原莉乃

1位にランクインしたのは、指原莉乃さんでした。2007年にAKB48第二回研究生(5期生)オーディションに合格してグループへ加入すると、ファンサービスの良さで人気を獲得。グループ在籍時からバラエティ番組に出演し、「AKB48総選挙」では実に4度も女王の座に輝きました。

HKT48のメンバーとしても活躍した指原さんは、2019年4月に行われた卒業コンサートをもってグループを卒業。その後もさまざまなバラエティ番組に出演し、さらに「=LOVE」などのアイドルグループのプロデューサーとしても活躍します。

現在も、レギュラー番組として『坂上&指原のつぶれない店』(TBS系)、『トークィーンズ』(フジテレビ系)などを担当。女性人気が高く、コスメブランド「Ririmew(リリミュウ)」をプロデュースするなど、マルチに才能を発揮しています。

回答者からは、「トークも上手く、人柄もバランスが取れていると思う」(30代女性/福井県)、「はっきり物事を話すので見ていて気持ちいい」(40代女性/宮城県)、「語彙力がすごくて、おもしろい。卒業後もバラエティー等で活躍していて、すごいと思う」(30代女性/神奈川県)などの意見が寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
次ページ
14位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化