父親と娘の“ウエディングフォト”に賛否両論。「娘さん死ぬほど傷付くと思うからやめてあげてほしい」

『毎日新聞』が6月15日公開した、父親と娘のウエディングフォトのように見える写真が掲載されている記事について賛否両論が集まっています。(サムネイル画像出典:毎日新聞公式Xより)

『毎日新聞』が6月15日公開した、父親と娘のウエディングフォトのように見える写真が掲載されている記事について賛否両論が集まっています。どのような意見が挙がっているのか見ていきましょう。

厳しい意見が多く挙がる

同紙が公開した記事「『成長が何よりのプレゼント』 父娘の記念写真、父の日に好評」(※初出時のタイトルは「『パパのお嫁さんになりたい!』かなえる記念写真 父の日に好評」)。スーツ姿の父親とドレスに身を包んだ娘のほほ笑ましいツーショットに見えますが、一見これが父親が娘と結婚式を挙げているようにも見えるため、さまざまな意見が寄せられる事態に。
 

女児に肩出しドレス着せて男親とキスするような仕草フォトとか…男親による性暴力も最近報道されたし…時勢や今の倫理観を把握できてない?

ただの父娘記念写真なら全然良いのよ ウェディングドレスは将来好きな人のために取っておきなさい、という親の節度とモラルが見られないのが『気持ち悪い』のよ

ママはウェディングドレスを着て、実の息子とキス寸前な写真も撮れるそうですね。この写真館に戦慄する

この手の親子間の関係性を恋愛のアレコレになぞらえる流れ、前からキモかったが自分に娘がいざ生まれるといよいよキッショい

しっかりと物事やモラルを考えられるような歳になった時に娘さん死ぬほど傷付くと思うからやめてあげてほしい

娘のウェディングドレス姿は、いつか大切な人生のパートナーを見つけたときのために取っといてあげたらいいのにね。そのときまで、できるかぎり若々しい見た目を保って、新婦のパパとして素敵な写真に残ればいい


など、厳しい意見が引用ポストで多く挙がっています。

幼い子との関わり方について考える

記事によると、コロナ禍などを経て家族の絆が深まり、「感謝の気持ちを込めて」撮影が実現したようですが、ネット上ではマイナスな意見が目立つ結果になってしまいました。家族とはいえ、幼い子との関わり方には注意が必要と言えるでしょう。今回の件をきっかけに、何が問題なのか、どうするべきなのか、考えていけると良いですね。
画像出典:毎日新聞公式X(@mainichi)
画像出典:毎日新聞公式X(@mainichi
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない