【クリスピー・クリーム】オリグレ1箱でもう1箱!? アプリ限定の超おトクでドーナツパーティーをしよう!

クリスピー・クリーム・ドーナツでは、創業87年目を記念して、「オリジナル・グレーズド(R) ダズン」を1ダズン買うと、もう1ダズンもらえる超おトクなキャンペーンを実施します。(サムネイル画像出典:クリスピー・クリーム・ドーナツ公式Webページ)

「オリジナル・グレーズド(R) ダズン(12個)」(税込1728円)を1ダズン買うと、もう1ダズンもらえる
「オリジナル・グレーズド(R) ダズン」を1ダズン買うと、もう1ダズンもらえる(画像出典:クリスピー・クリーム・ドーナツ公式Webページ、以下同)
1937年に創業し、日本をはじめ世界32カ国にストアがあるクリスピー・クリーム・ドーナツ。7月13日に迎える87回目のバースデーを記念して、「オリジナル・グレーズド(R) ダズン(12個)」(税込1728円)を1ダズン買うと、もう1ダズンもらえる超おトクなキャンペーンを実施します。

6月には「商品1点以上購入で、オリジナル・グレーズド(R)1個プレゼント」というおトクなキャンペーンを実施していましたが、今回はその比じゃない!? アプリ本会員限定のこのキャンペーンは、事前チェックが大事なので、手順を確認しておきましょう!

アプリ会員限定! 事前に準備をしておこう

一部店舗を除く全店舗(対象外店舗: Mercedes me Haneda Airport店、催事およびクリスピー・クリーム・ドーナツ店舗以外の小売店)で実施されるこのキャンペーンは、公式アプリの専用ページから予約をすると適用されます。

アプリはダウンロードするだけで利用できますが、今回のキャンペーンは本会員限定。下記手順で事前に本会員登録をしておくのがおすすめです。

(1)マイページから「本会員登録はこちら」をタップ
(2)メールアドレスや誕生日などの必要事項を入力
(3)「登録する」をタップ


本会員の登録が完了すると、マイページのランクの下に赤い星マークが表示されます。仮会員の場合はマークがないほか、「本会員登録はこちら」のバナーも表示されているので、そこから登録をしておきましょう!
マイページの違い(左:仮会員、右:本会員)
マイページの違い(左:仮会員、右:本会員)
さらに、予約する際に問題がないかチェックできるようになっています。会員登録の状況のほか、スマートフォン本体による影響もあるかもしれないので、1度試しておきましょう!
事前確認用バナー
事前確認用バナー
公式アプリのホーム画面に、事前確認ページへのバナーが設置されているので、これをタップします。
アクセスに問題がない場合の表示
アクセスに問題がない場合の表示
アクセスに問題がない場合、この「メンテナンス中」の画面が表示されます。「メンテナンスなのにOKなの?」と思う人も出てきそうなちょっとややこしいOKサインですが、これと同じでさえあれば大丈夫なので安心してください。

なお、「エラー」が表示された人は要チェック! 公式Webページではエラー別に対処方法が掲載されているので、今のうちに解決しておきましょう。

6月24日から順次予約開始!

受け取りできるのは全店舗ともに7月8~13日ですが、アクセス集中を防ぐため予約受付日が地域別に分かれています。例えば、東京23区内の店舗で受け取りをする場合は、6月26日13:00~19:00の間が予約期間になります。

最寄りの店舗がいつ予約できるのか、しっかり確認しておきましょう!
予約日一覧
予約日一覧
また、6月24日から、公式アプリのホーム画面に専用ページへのバナーが設置されます。最寄りの店舗の予約日になったらこれをタップし、専用ページから予約しましょう。アクセス集中が発生した場合は購入画面が表示されないとのこと。
予約時の専用ページバナー
予約時の専用ページバナー
なお、注文は1人各受取日1セットまで、各日程、各店舗毎の上限数量に達し次第予約受付が終了となります。また、予約確定後のキャンセル、返金、受け取り店舗の変更はできません。

ドーナツ24個となるとなかなかな量ですが、とてもおトクなキャンペーンなので、ぜひトライしてみてくださいね。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない