地元愛を感じる「青森県出身」の芸能人ランキング! 1位「王林」、では2位は?

All Aboutニュース編集部が実施した、「青森県/秋田県出身の芸能人に関するアンケート」から、今回は「地元愛を感じる青森県出身の芸能人」ランキングを紹介します。1位「王林」、では2位は?(サムネイル画像出典:王林さん公式Instagramより)

All About ニュース編集部は4月25日~5月23日の間、全国20〜70代の男女265人を対象に、「青森県/秋田県出身の芸能人」に関するアンケートを実施しました。本記事では、「地元愛を感じる青森県出身の芸能人」ランキングを発表します!

>5位までの全ランキング結果を見る

第2位:吉幾三(45票)

2位には、「吉幾三」さんがランクイン!

1973年に『恋人は君ひとり』を山岡英二名義で発表し、デビュー。演歌を歌うアーティストでは数少ないシンガーソングライターであり、多くの曲を自分で作詞・作曲しています。青森県出身ということもあり、「津軽」を題材とした曲も多く、1984年に発売した『津軽平野』で人気を集めると、同年11月に発売した『俺ら東京さ行ぐだ』が大ヒット、1986年には『雪國』で初のオリコン1位を獲得しました。

自由回答を見ると、「歌にも歌ってらっしゃいますし、めちゃくちゃズーズー弁なので」(30代女性/東京都)や、「俺ら東京さ行くだの歌の印象がインパクト大で青森が好きなんだなと感じたため」(30代女性/茨城県)といったコメントが寄せられていました。

第1位:王林(159票)

1位には、「王林」さんが選ばれました!

青森県のダンス&ボーカルユニットRINGOMUSUME(りんご娘)の元メンバー。『踊る!さんま御殿』(日本テレビ系)をはじめ、テレビや雑誌など多くのメディアに出演し、明るいキャラクターと津軽弁トークで青森の魅力を発信しています。また、身長170センチというスタイルを生かし、ファッションモデルとしても活躍中です。

自由回答を見ると、「青森のことを知ってほしい、よくしたいと語っているのを見る」(30代女性/神奈川県)や、「郷土に関する歌を歌っている、もしくはご当地アイドルだから」(40代女性/東京都)、「方言で話している所が可愛らしいです」(40代女性/茨城県)といったコメントが寄せられていました。

※コメントは全て原文ママです

この記事の筆者:斉藤 雄二 プロフィール
新潟出身、静岡在住の元プロドラマー。ライター執筆歴は約8年。趣味は読書とフィットネスとfiat500でドライブに出かけること。最近はeSportsの試合観戦が楽しみです。メインMCを担当するPodcast番組「だいたい二畳半|ホントは面白い住まいの話」をSpotifyやApplePodcastで配信中!

次ページ
5位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない