地元愛を感じる「秋田県出身」の芸能人ランキング! 2位「佐々木希」を抑えた1位は?

All About ニュース編集部が実施した「青森県/秋田県出身の芸能人に関するアンケート」から、今回は「地元愛を感じる秋田県出身の芸能人」ランキングを紹介します。2位「佐々木希」を抑えた1位は?(サムネイル画像出典:佐々木希さん公式Instagramより)

All About ニュース編集部は4月25日~5月23日の間、全国20〜70代の男女265人を対象に、「青森県/秋田県出身の芸能人」に関するアンケートを実施しました。本記事では、「地元愛を感じる秋田県出身の芸能人」ランキングを発表します!

>5位までの全ランキング結果を見る

第2位:佐々木希(50票)

2位は、「佐々木希」さんでした!

2006年にモデルとしての活動を開始した佐々木さん。2008年には映画『ハンサム★スーツ』で俳優デビューを果たすと、翌2009年に公開された映画『天使の恋』で初主演を飾りました。プライベートでは、2017年にお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建さんとの結婚を発表。2018年に第1子、2023年に第2子を出産しています。

アンケート回答者のコメントを見ると、「テレビで実家に帰った時の話を楽しそうにしていました。元ヤンだった頃の話も隠さずしてくれていて、好感が持てます」(40代女性/東京都)や、「インスタグラムでたびたび秋田の話題を出しているから」(30代女性/秋田県)、「秋田の食材等をインスタで紹介しているのを見たことがあるからです」(20代女性/神奈川県)といった声が寄せられていました。

第1位:柳葉敏郎(142票)

1位は、「柳葉敏郎」さんでした! 2位の佐々木希さんに3倍近い得票差です。

劇男一世風靡セピアのメンバーとして話題となり、1986年に公開された映画『南へ走れ、海の道を!』でスクリーンデビュー。1997年から出演した『踊る大捜査線』で演じた室井慎次役で大きな注目を集め、現在でも代表作として知られています。

自由回答を見ると、「柳葉敏郎さんは、今地元で暮らしていると言っていたので地元愛があるイメージです」(30代女性/島根県)や、「地元に本拠地を置く社会人野球のクラブチームの大曲ベースボールクラブのアドバイザーをしていて地元愛を感じるため」(30代女性/埼玉県)、「子育てのために秋田に住んでいると聞いたことがあります。自分の地元で育てたい気持ちもよくわかりますし、地元を愛しているからこそだと思いました」(40代女性/宮城県)といったコメントが寄せられていました。


秋田県大仙市で開催される「500歳野球」では、「刈和野新和会」の選手としても活動しており、過去に何度も出場しています。子育てで秋田県に在住ということもあり、地元の人たちにとっても、身近な存在なのかもしれませんね。

※コメントは全て原文ママです

この記事の筆者:斉藤 雄二 プロフィール
新潟出身、静岡在住の元プロドラマー。ライター執筆歴は約8年。趣味は読書とフィットネスとfiat500でドライブに出かけること。最近はeSportsの試合観戦が楽しみです。メインMCを担当するPodcast番組「だいたい二畳半|ホントは面白い住まいの話」をSpotifyやApplePodcastで配信中!

次ページ
5位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない