『光る君へ』第23話 佐々木蔵之介“宣孝”の求婚エンドに衝撃走る「こう来たか」「どうする道長!?」の声

6月9日に放送されたNHK大河ドラマ『光る君へ』第23話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:NHK『光る君へ』公式Webサイト)

吉高由里子さんが主演するNHK大河ドラマ『光る君へ』。6月9日に放送された第23話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。


>前回(第22話)のあらすじはこちら

光る君へ
画像出典:NHK『光る君へ』公式Webサイト

第23話のあらすじ

朱(浩歌)は三国(安井順平)を殺していないと日本語で主張する周明(松下洸平)。まひろ(吉高由里子)と為時(岸谷五朗)は驚きながらも、周明が連れてきた下人の証言を聞き、間もなく朱は解放されます。解放された朱は為時に恩義を感じ、宋の国から朝廷との交易をつなぐ命を受けており、成すまでは帰国できないと打ち明けます。

周明もまひろに、自分は日本生まれだが口減らしで捨てられ、宋人に拾われて苦境から逃げ出し、薬師の見習いとなった過去を語ります。好奇心旺盛なまひろは、通事も兼任することになった周明から宋の言葉を習うように。一方、都では中宮・定子(高畑充希)が姫皇子を出産するも、依然として一条天皇(塩野瑛久)は会うことがかなわず。道長(柄本佑)は倫子(黒木華)の提案で、帝の母である詮子(吉田羊)も暮らす自邸で、新たな女御たちと帝の語らいの場を設けます。

道長が詮子にまひろとの昔の恋を打ち明ける一方、周明と交流を深めるまひろもまた、何気ない会話から道長との親密さを口にします。そんな矢先、突如として越前にやって来た宣孝(佐々木蔵之介)。折しも為時が巡察で留守にしており、まひろが宣孝を接待します。

「妻が3人、子が4人、ほどほど官職も上がり落ち着いた」と思っていた人生だが、「まひろといると望みが見える。未来が見える」と語る宣孝。都への帰り際、「あいつと宋などに行くなよ」と話し出すと、「都へ戻ってこい。わしの妻になれ」と求婚し――。

光る君へ
画像出典:NHK『光る君へ』公式Webサイト

宣孝のド直球プロポーズにSNSで話題殺到

まひろに叱られるのが好きで、ぷりぷりした顔がかわいいと目を細める宣孝。一方、周明はまひろと左大臣・道長のつながりを利用して手柄を立てることを条件に、宰相の侍医に推薦するよう朱に話すダークな一面を見せました。

X(旧Twitter)では、「宣孝殿の直球に驚いた」「宣孝とまひろがいかにして結び付く展開に?と思っていたが、こう来たか…」「気のいい叔父さんと賢い姪だったのに、まひろが大人になるにつれ夫婦姿が自然と想像できるようになった」「宣孝はまひろの自由さ若さ賢さがキラキラに見えて彼にとって光る君に見えたのだろうな」「宣孝プロポーズで『どうする道長』!?って思ってしまった」「笑って『捨てられた』って言ってた道長が『藤原宣孝が藤原為時の娘を娶った』って聞いてスンッてなるとこ見てみたい!」などのコメントが寄せられています。

第24話は「忘れえぬ人」。宣孝から求婚され、さらには周明からも一緒に宋へ行こうと誘われるまひろ。しかし心の内には道長がいて……。一方、一条天皇が定子と姫皇子に会えるよう詮子から懇願された道長。行成(渡辺大知)の案で、内裏の外で会うこととなったが――。モテ期(?)到来のまひろが、己の思いと人生行路にどう向き合い歩みを進めるのか注目です。

『光る君へ』あらすじバックナンバー

第22話
第21話
第20話
第19話
第18話

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

次ページ
第24話の予告を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化