好きな『天才てれびくん』出身タレントランキング! 2位「生田斗真」、1位は?

1993年にスタートした『天才てれびくん』(NHK Eテレ)には、現在も活躍するさまざまなタレントが出演してきました。今回は、好きな『天才てれびくん』出身タレントランキングの結果を紹介します。(サムネイル画像出典:生田斗真さん公式Instagramより)

All About ニュース編集部は2024年3月15日~5月16日、全国20~60代の男女333人を対象に「天才てれびくん出身タレント」に関するアンケート調査を実施しました。この記事では、「好きな『天才てれびくん』出身タレント」のランキングを紹介します。

>9位までの全ランキング結果を見る

2位:生田斗真

2位には「生田斗真」さんがランクイン。

ジャニーズJr.として活動中の1996年から約2年間にわたり、『天才てれびくん』に「てれび戦士」として出演。旧ジャニーズ事務所の先輩・野村義男さんからギターレッスンを受ける『ヨッちゃん・斗真のギター全力投球』などのコーナーを担当しました。

人気の高い出演者となり、番組企画でバンドを組み「ストロベリーパフェ」としてCDデビューを達成。かわいらしいルックスを武器に、多くの視聴者を魅了しました。1997年にはNHKの連続テレビ小説『あぐり』に子役として出演。その後も演技派俳優として数多くの作品に参加し、2024年5月には主演映画『告白 コンフェッション』が公開されました。

そんな生田さんですが、2023年4月に『天才てれびくん』へ出演。25年ぶりの番組登場となり、大きな話題を集めました。

回答者からは、「『天才てれびくん』出身の中で一番かっこいい」(40代女性/愛知県)、「俳優としての演技が素晴らしい」(40代女性/兵庫県)、「自分が現役で番組を視聴していた時期のてれび戦士であり、現在も活躍しているから応援している」(30代女性/宮城県)などの意見が寄せられました。

 

渇水
渇水

1位:ウエンツ瑛士

1位にランクインしたのは「ウエンツ瑛士」さんでした。

1995年から2000年まで、長きにわたり『天才てれびくん』と『天才てれびくんワイド』に出演。番組を代表する出演者となり、二枚目キャラの「てれび戦士」として高い評価を獲得しました。番組卒業後は、2002年に放送したNHKの大河ドラマ『利家とまつ』に出演するなど俳優業を開始。また、高いトーク力を生かしてバラエティ番組へ出演し、小池徹平さんとのユニット「WaT」として音楽活動を行うなど、さまざまなジャンルに挑戦します。

現在は、舞台やドラマを中心に俳優業を行い、『60秒で学べるNews』(テレビ東京系)で司会を担当。ラジオやバラエティ番組への出演も多く、タレント業も好調です。

回答者からは、「見た目は王子様みたいなのにキャラが気さくで面白い」(30代女性/栃木県)、「初めて、『天才てれびくん』に出た時、めちゃくちゃカッコ良くてビックリしました」(30代女性/和歌山県)、「そのままでも仕事はあって活躍していたのに、留学して自身のスキルを高めたいという思い切りに尊敬の念を覚えました」(30代女性/東京都)などの意見が寄せられました。

 

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌
ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
次ページ
9位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も