チェロを抱っこする音楽体験とは!? みなとみらい「横浜シンフォステージ」にヤマハ体験型店舗オープン

2024年6月6日の「楽器の日」に、複合施設・横浜シンフォステージに「ヤマハミュージック 横浜みなとみらい」がオープン。音楽や楽器の新たな楽しみを発見できる体験型ブランドショップです。

複合施設・横浜シンフォステージに「ヤマハミュージック 横浜みなとみらい」が2024年6月6日の「楽器の日」にオープン。音楽や楽器の新たな楽しみを発見できる体験型ブランドショップです。チェロやバイオリンを抱っこしたり、AIが伴奏するピアノを弾いてみたり、静岡県産抹茶のラテを試飲したり。オープンに先立って開催されたプレス内覧会の様子を紹介します!(画像は筆者撮影、一部提供)

ヤマハミュージック 横浜みなとみらいについて

横浜シンフォステージ ウエストタワー外観
横浜シンフォステージ ウエストタワー外観

横浜シンフォステージは、オフィス・ホテル・店舗等が入居する2棟構成(ウエストタワー、イーストタワー)の大規模複合施設です。「ヤマハミュージック 横浜みなとみらい」は、ウエストタワー1~2階にオープンします。

楽器や楽譜の購入やメンテナンス受付はもちろん、楽器経験や購入の有無に関わらず、幅広い層に楽器や音楽の楽しさを伝えてくれます。

「Music Canvas」は音楽を全身で感じられる没入体験フロア

1階「Music Canvas」(提供画像)
1階「Music Canvas」(提供画像)

1階の「Music Canvas(ミュージックキャンバス)」は、映像と立体音響、そして楽器による音楽への没入体験ができるエクスペリアゾーン。

AI伴奏付きのピアノを演奏すると音楽に合わせて映像も変化する
AI伴奏付きのピアノを演奏すると音楽に合わせて映像も変化する

大型LEDディスプレイと連動したAI伴奏付きのピアノ演奏体験をはじめ、自動演奏する弦楽器(バイオリン、ビオラ、チェロ)の振動に触れる体験「Hug Me」や大きな弦をはじいて音がでる原理を体感する「Tall Bass」など、五感で楽しめる豊富なコンテンツが無料で楽しめます。

自動演奏する弦楽器の振動に触れる体験「Hug Me」(提供画像)
自動演奏する弦楽器の振動に触れる体験「Hug Me」(提供画像)

1時間に1回開催される「Music Canvas Show」(毎時50分から約5分間)では、ゾーン内の楽器が自動演奏をスタート。ヤマハ独自の立体音響技術「アクティブフィールドコントロール(AFC)」による立体感ある音響と大型LEDディスプレイに映し出される大迫力のアート映像との組み合わせが全身で感じられ、これまでにない音楽没入体験ができます。

2500超の管楽器のパーツを使ったアートでは、ある角度から見ると「ト音記号」があらわれる。ぜひ探してみて
2500超の管楽器のパーツを使ったアートでは、ある角度から見ると「ト音記号」があらわれる。ぜひ探してみて

このほか、1階には10台以上のグランドピアノを展示する「ヤマハグランドピアノショールーム」と、世界3大ピアノブランドの1つ、オーストリア「ベーゼンドルファー」の国内最大規模のショールームも併設。それぞれ試弾室も設けられているのでじっくりと音色を体感できます。

次ページ
2階・3階には何がある?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化