【横浜】「子どもと行きたい」テーマパーク・動物園・水族館ランキング! 2位「シーパラ」、1位は?

All About ニュース編集部は、全国の10~60代の男女を対象に「横浜のテーマパーク・動物園・水族館」についての独自調査を実施。今回は「子どもと行きたい」スポットのランキング結果を発表します。

All About ニュース編集部は2024年4月19日~5月21日の期間、全国10~60代の248人を対象に「横浜のテーマパーク・動物園・水族館」についてのアンケートを実施。「子どもと行きたい」スポットのランキング結果を発表します。

>6位までの全ランキング結果を見る

第2位:横浜・八景島シーパラダイス

イルカたちが悠々と泳ぐ姿を楽しめる「ドルフィンファンタジー」(提供画像)
イルカたちが悠々と泳ぐ姿を楽しめる「ドルフィンファンタジー」(提供画像)

第2位に選ばれたのは、横浜市金沢区にある「横浜・八景島シーパラダイス」でした。テーマの異なる4つの水族館や、さまざまなアトラクションが楽しめる複合型海上レジャー施設です。

回答者からは「遊園地もあり、水族館では見るだけでなくふれあいもできていろいろな楽しみ方ができるから」(群馬県/30代女性)、「アトラクションで遊んだり、水族館も体験もあり、見応えがあり楽しいから」(埼玉県/30代女性)、「園内には無料で入ることが出来、無料エリアだけでも散歩など楽しめる。また水族館エリアや遊園地エリアなどもありも1日楽しむことができる」(神奈川県/30代女性)といった、さまざまな楽しみ方ができるという意見が寄せられました。

第1位:横浜アンパンマンこどもミュージアム

「横浜アンパンマンこどもミュージアム」エントランスではアンパンマンがお出迎え (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV(筆者撮影)
「横浜アンパンマンこどもミュージアム」エントランスではアンパンマンがお出迎え (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV(筆者撮影)

第1位に選ばれたのは、みなとみらい21地区にある「横浜アンパンマンこどもミュージアム」でした。

回答者からは「アンパンマンのアニメを知っている子供と行ったら、絶対に喜んでくれそうなスポットだから」(静岡県/30代女性)、「アンパンマンを見つけたときの子どもの笑顔はほっこりする、ショーもクオリティが高いと思う」(神奈川県/30代男性)という声が上がっています。

ジャムおじさんのパン工場ではできたてキャラクターパンが人気 (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV(筆者撮影)
ジャムおじさんのパン工場ではできたてキャラクターパンが人気 (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV(筆者撮影)

また、「小さい子どもがいるので連れて行ったが子どもも大人も楽しめた。食べ物の美味しくて可愛いし、実際にアンパンマンのキャラクターのパンが売っていてとても可愛かった。お土産屋さんも充実していたしショーもあり1日いても飽きずに楽しめた」(千葉県/30代女性)、「子供達はみんなアンパンマンが大好きなので、みんな楽しめるので助かります。販売しているグッズも可愛くて、大人も一緒になって楽しんでました」(沖縄県/30代女性)、「子供と行って喜ばれたから」(東京都/40代男性)といった体験談も寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の執筆者:田辺 紫 プロフィール
神奈川県在住コピーライター。2001年2月より総合情報サイト「All About」で横浜ガイドを務める。2009年4月、第3回かながわ検定 横浜ライセンス1級取得。「横浜ウォッチャー」として、ブログ、SNSを運営。

次ページ
6位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「健診で服脱がされ…」保護者の投稿に、「タダ働き同然なのに」と医師ら反発 背景にPTAにもある理不尽