横浜18区で「魅力的な観光スポットが多い区」ランキング! 2位「西区」、1位は?

All About ニュース編集部は全国の10~70代の男女を対象に「横浜18区」についての独自調査を実施。「魅力的な観光スポットが多い区」ランキングの結果を紹介します。

All About ニュース編集部は2023年12月7日~2024年1月24日の期間、全国の10~70代の男女174人を対象に「横浜18区」についてのアンケートを実施。「魅力的な観光スポットが多い区」ランキングの結果を紹介します(画像は筆者撮影)。

>8位までの全ランキング結果を見る

第2位:西区

汽車道から横浜ランドマークタワーを望む
汽車道から横浜ランドマークタワーを望む

2位は西区でした。

西区は、1944年に中区の一部を分割して誕生。中区の西側に当たることから、西区と名付けられました。

面積、人口とも18区の中で最も小さな区ですが、JR、東急東横線、京急本線、相模鉄道本線、横浜市営地下鉄ブルーラインが集中する横浜駅を抱える交通の要衝となっています。

そして、今や横浜を代表する観光地となっている「みなとみらい21地区」はそのほとんどが西区に属しています。

回答者からは「みなとみらいの地域で色々とスポットがあるため」(東京都/30代男性)、「西区には、横浜そごうや、高島屋があるからです」(神奈川県/40代女性)、「やはりみなとみらいや横浜駅周辺が、横浜の中心部で、ランドマークなどの観光スポットが多い印象です」(東京都/50代女性)という声が上がっています。

第1位:中区

中区を代表する観光スポット「横浜中華街」
中区を代表する観光スポット「横浜中華街」

1位に輝いたのは中区でした。

中区は1927年の区制施行で誕生。神奈川県庁や横浜市役所などが集まる横浜の行政の中心です。

デートスポットでおなじみの山下公園をはじめ、グルメスポットの横浜中華街や、日本のファッションの流行をけん引してきた元町商店街、横浜DeNAベイスターズの本拠地・横浜スタジアムなどがあります。

また、横浜三塔(神奈川県庁、横浜税関、横浜市開港記念会館)や山手の洋館など数々の歴史的建造物を見られるのも中区ならではの特徴です。

回答者からは「様々な有名観光スポットなどが存在していて、横浜の中心的存在の区だと思っているので」(茨城県/50代女性)、「横浜中華街・山下公園・横浜スタジアム・赤レンガと神奈川で有名な観光スポットをほとんど網羅しているが中区だから」(山梨県/30代男性)、「新しい物も古い物も混在している所がいいです」(東京都/40代女性)という声が上がっています。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の執筆者:田辺 紫 プロフィール
神奈川県在住コピーライター。2001年2月より総合情報サイト「All About」で横浜ガイドを務める。2009年4月、第3回かながわ検定 横浜ライセンス1級取得。「横浜ウォッチャー」として、ブログ、SNSを運営。

次ページ
8位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性