4万人の千葉県民に聞いた「生活利便性の高い自治体」ランキング! 2位「千葉市稲毛区」、1位は?

大東建託は、千葉県に住む20歳以上の4万1656人を対象に居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2024<千葉県版>」として発表しました。「生活利便性の高い自治体」ランキングの2位は「千葉市稲毛区」、1位は?

稲毛駅
稲毛駅周辺
大東建託は、2020年から2024年(一部、2019年の回答も使用)にかけて、千葉県に住む20歳以上の4万1656人を対象に居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2024<千葉県版>」として発表しました。

本記事では、その中から千葉県の「生活利便性の高い自治体」ランキングを紹介します。
 
>5位までのランキング結果を見る

2位:千葉市稲毛区

2位は「千葉市稲毛区」でした。千葉市稲毛区は、千葉市の中央西寄りに位置する区です。かつては多くの文人が集まる避暑地でしたが、現在は住宅地として発展しています。区内には複数の大学のキャンパスがあり、文教地区としての一面も持ち合わせています。

別荘地だった面影を残すスポットもいくつか残っており、歴史的な建物を見学することが可能です。交通面では、複数の鉄道路線や高速道路のICがあるため、電車でも車でも移動しやすい利便性の高い街となっています。

1位:市川市

1位は「市川市」でした。千葉県市川市は、県西部に位置し、東京都と隣接するベッドタウンとして発展してきた市です。市の中心部では、高層マンションが立ち並び、都会的な風景が広がっています。一方で、市の北東部には動物園があり、さまざまな動物とふれあえる憩いの場となっています。

市の西側にある「里見公園」は、江戸川を見下ろす高台に位置し、四季折々の自然の美しさを楽しむことが可能です。都心へのアクセスも良好で、電車を利用すれば東京駅までは約20分で到着します。市川市は、都会的な利便性と自然の魅力を兼ね備えた、暮らしやすい街として人気を集めています。
次ページ
5位までのランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化