「言葉にできない」二階堂ふみ、くびれ際立つドレスショットに絶賛の声! 「麗しい」「ビジュ爆発」

俳優の二階堂ふみさんは5月29日、自身のInstagramを更新。ファッション誌『25ans(ヴァンサンカン)』(ハースト婦人画報社)に登場していると告知し、ドレス姿を披露しました。(サムネイル画像出典:二階堂ふみさん公式Instagramより)

俳優の二階堂ふみさんは5月29日、自身のInstagramを更新。ファッション誌『25ans(ヴァンサンカン)』(ハースト婦人画報社)に登場していると告知しました。

【実際の投稿:二階堂ふみ、くびれが目を引くドレスショットを公開】

「ビジュ爆発してて綺麗すぎ」

二階堂さんは「25ans7月号」とつづり、1枚の写真を載せています。腕と肩が露出し、胸元に切れ目が入っているセクシーなドレスを着用。ドレスを着た状態でも分かるメリハリのついたくびれなど、圧巻の美しさのボディラインが際立って見えます。

コメント欄では、「言葉にできないってこういうこと」「痩せましたか?」「スタイル良すぎる‪」「めちゃくちゃ綺麗」「ビジュ爆発してて綺麗すぎ」「すごーくナイスバディ」「麗しい」との声が寄せられています。

『25ans』7月号で特集記事が掲載

二階堂さんは同誌7月号に、「CHANEL×二階堂ふみ」のテーマで登場しているとのこと。自身のInstagramでは5月28日から収録で着用したと思われる衣装ショットを連続で投稿しています。もし、気になった人は二階堂さんのInstagram投稿をチェックしてみてくださいね!
 
次ページ
二階堂ふみさんのほかの投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化