山口達也の元妻・高沢悠子、誹謗中傷に自論を明かす。 「大きく同感」「力強いお言葉」など称賛の声

元TOKIO・山口達也さんの元妻で実業家の高沢悠子さんは5月29日、自身のInstagramを更新。誹謗(ひぼう)中傷についての自論を明かしました。(サムネイル画像出典:高沢悠子さん公式Instagramより)

元TOKIO・山口達也さんの元妻で実業家の高沢悠子さんは5月29日、自身のInstagramを更新。誹謗(ひぼう)中傷についての自論を明かし、反響を呼んでいます。

【実際の投稿:高沢悠子、誹謗中傷について自論を紹介】

「立場が弱い相手や、攻撃してこない相手に対して行う行為」

高沢さんは運転中の動画を添え「【誹謗中傷について】」と題した投稿をポスト。「誹謗中傷は、立場が弱い相手や、攻撃してこない相手に対して行う行為」という言葉に続けて「相手が自分の発言で傷つけば傷つくほど、優越感が増してやめられなくなります。相手をおとしめることで自分が上の立場になったような感覚になるからです」とつづりました。まず加害者について、その心理を分析しています。そして「他人の人生に敏感に反応してしまう自分の心には何があるのか? その何かに気づくと、矢印を向けるべきは、他人ではなく自分だと気づくでしょう。そして誹謗中傷のバカバカしさにも気づくことができます」と、その行為の愚かさに気づいてほしいとメッセージをつづりました。

次に「今、誹謗中傷を受けている方へ」と、被害者についても語った高沢さん。「攻撃する理由は、あなたが周りから愛されてるから、幸せそうに見えるから、自分に出来ない事が出来るから、欲しくても手に入らないものを持っているから、だから相手に嫉妬の感情が湧き起こり攻撃されるのです」と、誹謗中傷を受ける理由を説明しています。その上で「誹謗中傷してくる相手には、常に感謝の気持ちを忘れずにいると、自然と【有り難さ】の方が勝り、傷つく事は無くなっていきます」と、傷つかないようになるためのアドバイスをしました。独特な意見にも思えますが、経験に基づいたライフハックなのかもしれません。

また「それでも、誹謗中傷に傷ついてしまう人は、ご自身のその繊細さを大切にしてください 繊細な人はとても素敵な人です」とも。「自分自身の心を埋めるものを外側に求め続けてしまう人生はやめて、胸を張って、自分が楽しいと思うこと、嬉しいと思うことを恐れずにしてください!!」とエールを送っています。

この投稿には「素敵なお考えをシェアしてくださり、ありがとうございます」「大きく同感です」「力強いお言葉」「本当にまさしくよ」など、称賛の声が寄せられました。

ハワイで息子2人と生活

高沢さんは現在、アメリカ・ハワイに在住。2人の息子との生活を、Instagramで発信しています。今後もすてきな投稿を期待したいですね。
 
次ページ
高沢悠子さんのハワイ生活も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始