「不快」「辞めさせて」人気インフルエンサー・くりえみ、「令和の虎」出演時の言動巡り大炎上。今後の出演は辞退

何かと炎上が多い「令和の虎」。今度は「なでしこ版」に出演したくりえみさんの態度に、波紋が広がっています。(サムネイル画像出典:くりえみさん公式Instagramより)

モデル・起業家・インフルエンサーなど多岐にわたり活躍するくりえみさんが5月26日、自身のX(旧Twitter)を更新。YouTubeチャンネル「令和の虎」への出演について、言及しました。
 

【実際の動画:くりえみ、「令和の虎」今後の出演は辞退の意向】

謝罪をしつつ、運営の暴露も……

発端は22日に公開された同チャンネルの動画で、出演したくりえみさんの言動などを巡り、コメント欄では「辞めさせてくれ」「上から目線の言い方がとても不快」「くりえみが出る以上もうなでしこ版は見ない」など、くりえみさんに向けた批判コメントが殺到しました。

これを受け、26日くりえみさんはXで、「私の発言がとても攻撃的で不快だという意見を多数頂きました」「本当にごめんなさい。とても反省しています」と謝罪。また、「令和の虎に出演する際、再生を上げるために喧嘩をしてほしい、今回の動画に関しては裏で否定派と肯定派に事前に分けていて」と内情を暴露し、「いつも以上に尖っている自分を作ってしまった」と明かしました。なお、「今回のことで令和の虎の出演は辞めることと、今後もピッチの審査員などのお仕事は控えさせてもらおうと思います」とも、つづっています。
 

このポストには、「ヤラセを暴露して消えるなんて、運営側に対する冒涜」「責任逃れしたいのかと」「文章読んで違和感」「相手への直接謝罪は行うべき」「降板嬉しい」といった声や、「やっぱりかっこいい」「エンタメだし面白かったけどなー」「企業経営者の宿命なのかも」「いずれ復活して」など、さまざまな反応が寄せられました。

主宰の岩井良明氏も反応

同日、同チャンネルの主宰である岩井良明氏も自身のXで反応。「セナ社長」の愛称で知られる「なでしこ版」の主宰・宮本聖菜氏へ向け、事前打ち合わせがあったことに「それはいかん」と厳しい言葉を発信。くりえみさんについては「言葉を選びながらもこういう捨て台詞を吐いてしまうくりえみさんはカッコ悪い」とバッサリ。宮本氏は27日、Xで「ひとえに主宰としての私の力不足」「弁明するつもりはなく今後のなでしこで、魅せていくしかない」と、コメントしました。
 

次ページ
岩井氏・宮本氏の反応
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化