【カルディ】ザクッと食感&甘さ控えめがうれしい! 「キャラメルココナッツケーキ」を実食レビュー

カルディのお菓子はテレビで取り上げられたりSNSなどでも話題になり、気になっている人も多いことでしょう。今回ピックアップする「セリ・エキスキーズ キャラメルココナッツケーキ」も人気スイーツの1つ。食感や味わいをレビューしていきましょう。

カルディの「セリ・エキスキーズ キャラメルココナッツケーキ」
カルディの「セリ・エキスキーズ キャラメルココナッツケーキ」
カルディのお菓子はSNSなどでも話題になることが多く、気になっている人も少なくないでしょう。今回ピックアップする「セリ・エキスキーズ キャラメルココナッツケーキ」もその1つ。食感や味わいをレビューしていきます。

カルディ「セリ・エキスキーズ キャラメルココナッツケーキ」とは?

カルディには「セリ・エキスキーズ」というオリジナルのブランドがあります。フランス語で「素晴らしい味シリーズ」を意味する通り、人気のお菓子になる場合も多いです。例えば「セリ・エキスキーズ カヌレ」もこのシリーズ商品です。

【こちらも読む→カルディの「カヌレ」が予想以上の美味しさ
ココナッツケーキの上にココナッツシュレッドがトッピング
ココナッツケーキの上にココナッツシュレッドがトッピング
「セリ・エキスキーズ キャラメルココナッツケーキ」はココナッツケーキの上に、ココナッツシュレッドがたっぷりかかっています。まるで雪で覆われているような印象です。とにかくココナッツが好き!という人におすすめのお菓子なのです。

原材料や保存方法、カロリー、賞味期限は?

「セリ・エキスキーズ キャラメルココナッツケーキ」の原材料やカロリー、賞味期限
「セリ・エキスキーズ キャラメルココナッツケーキ」の原材料やカロリー、賞味期限
「セリ・エキスキーズ キャラメルココナッツケーキ」の原材料は写真の通りです。

2024年5月下旬に購入した「セリ・エキスキーズ キャラメルココナッツケーキ」の賞味期限は、2024年6月20日。直射日光や高温多湿を避けて保存してください。開封したら賞味期限に関係なく早めに食べ切りましょう。

袋を開けた瞬間にココナッツ!

「セリ・エキスキーズ キャラメルココナッツケーキ」のココナッツシュレッドはポロポロしない
「セリ・エキスキーズ キャラメルココナッツケーキ」のココナッツシュレッドはポロポロしない
袋を開けた途端、ココナッツ特有の香りがしてきます。ココナッツシュレッドがたくさん載っているので、パラパラになって落ちるのかなと思ったのですが、しっかりとトッピングされているようでほとんど落ちません。お皿に盛り付けると、とてもかわいらしく、さらにおいしそうに見えてきます。

生地もココナッツシュレッドも軽くザクザク!

カットすると、生地が崩れそうになる
カットすると、生地が崩れそうになる
半分にカットしようとすると、生地が少し崩れてしまいます。もしカットするなら4分の1程度までなら形を保てそうです。
ケーキとココナッツシュレッドは軽いザクザク感がある
ケーキとココナッツシュレッドは軽いザクザク感がある
生地とココナッツシュレッドは軽いザクザク感があります。歯ごたえがあるとは言い難いですが、生地はもちもちとして食感もありました。
甘さは控えめ
甘さは控えめ
ココナッツの風味は強く、最初から最後まで口の中はココナッツです。甘さはそれほど強くないですが、コーヒーや紅茶など甘味がない飲み物と一緒に食べるのが良いのではと感じました。

まとめ

ココナッツの風味が全面に出てくるお菓子
「セリ・エキスキーズ キャラメルココナッツケーキ」は、ココナッツの風味が全面に出てくるお菓子
カルディの「セリ・エキスキーズ キャラメルココナッツケーキ」は、まるで雪をかぶっているかのような見た目のお菓子。可愛さもあるので、来客時のお茶菓子にしてもよさそうですね。ココナッツが全面に出てくるので、その風味を楽しみたい方はぜひ食べてみてください。

■商品情報
商品名:セリ・エキスキーズ キャラメルココナッツケーキ
価格:204円(税込)
内容量:43グラム 
カロリー:198キロカロリー 
販売地域:全国のカルディ各店またはカルディオンラインショップ
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴