「いつのまに…」帰国したヒコロヒー、赤ちゃんを抱く姿に反響! 「隠し子いたんか」「母性爆発」

お笑いタレントのヒコロヒーさんは5月15日、自身のInstagramを更新。赤ちゃんを抱きかかえて笑顔になっているオフショットを公開しました。(サムネイル画像出典:ヒコロヒーさん公式Instagramより)

お笑いタレントのヒコロヒーさんは5月15日、自身のInstagramを更新。赤ちゃんを抱きかかえて笑顔になっているオフショットを公開し、「聖母マリア様のよう」などと反響が寄せられています。

【実際の投稿:ヒコロヒー、赤ちゃんを抱く姿を披露】

「母性爆発」

ヒコロヒーさんは「帰国&赤子」とつづり、1枚の写真を載せています。ノースリーブの服を着用したヒコロヒーさんが、どこぞの室内で赤ちゃんを抱きかかえているシチュエーションです。

しかし、ヒコロヒーさんの実の子どもであるか、友人や知り合いの子どもであるかまでは明らかとなっていません。結婚していたり、出産していたりなどの情報は公表されておらず、友人や知り合いの子どもだったのかもしれません。

コメント欄では、「いつのまに…」「隠し子いたんか」などとツッコミが入れられている一方で、「聖母マリア様のよう」「なんてすてきなほほえみ」「母性爆発」「菩薩のような御顔」と絶賛の声も寄せられています。

友人と旅に出かけた投稿も公開中

一方で、ヒコロヒーさんは9日の投稿で「友人たちと旅してきた!最高」とつづり、9枚の写真を公開。

友人と旅行に出かけた様子が写っており、8枚目では“ホタテの串焼き”みたいな料理を手にもって食べようとしているヒコロヒーさんの姿が確認できます。今回の投稿にてヒコロヒーさんのコメントでも「帰国」とつづっていることから、海外に旅行へ出かけていたのかもしれません。

今後もヒコロヒーさんの楽しい投稿に期待したいですね!
 
次ページ
ヒコロヒーさんの他投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応