「泣いちゃうよ」浅田真央、母の日に亡き母親とのツーショットを投稿「見守ってくれてますよ」

フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さんは5月12日、自身のInstagramを更新。亡くなった母親とのツーショットを投稿し、話題を呼んでいます。(サムネイル画像出典:浅田真央さん公式Instagramより)

フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さんは5月12日、自身のInstagramを更新。母の日に亡くなった母親とのツーショットを投稿しました。

【実際の投稿:浅田真央、亡くなった母親とのツーショット】

「写真だけでもお母様への想いが伝わってきます」

真央さんは「いつも見守ってくれてありがとう」とつづり、10枚の写真を投稿。亡くなった母への愛のメッセージを添えて、スケートする姿を公開しました。5~9枚目の写真は、赤い花を持ち、母を思いながら滑っていることが伝わります。10枚目では、母とのツーショットを披露。真央さんの母への愛が詰まった投稿内容でした。

この投稿にファンからは、「泣いちゃうよ」「お母さまにとってご自慢のお嬢さんたちですよ」「写真だけでもお母様への想いが伝わってきます」「お母さまへの愛は永遠ですね」「真央ちゃん綺麗ですよ」「お母様はいつも側で見守ってくれてますよ」との声が寄せられました。

「楽しくて美味しい夏の思い出ですね」

2023年10月13日の投稿では、姉である浅田舞さんと食事を楽しむ姿を披露。2~10枚目の写真では、おいしそうな食事がずらりと並んでいます。貴重な姉妹ショットにファンからは「楽しくて美味しい夏の思い出ですね」「お忙しいお二人、一緒に素敵な旅をされたのですね」と、反響の声が集まりました。
 
次ページ
浅田真央さんの投稿をもっと見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」