筋肉系YouTuber・芳賀セブン、交通事故直後に動画を回した理由に言及。「事故現場の証拠となる動画、写真撮影はめちゃくちゃ大事」

筋肉系YouTuberの芳賀セブンさんが交通事故に遭った際、動画を回していたことについて声明を発表。「がちで轢かれてたんですね」「心配だったよ」と反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:芳賀セブンさん公式Xより)

筋肉系YouTuberの芳賀セブンさんが5月13日、自身のX(旧Twitter)を更新。交通事故に遭った際に動画を回したことについて、釈明しました。
 

【実際の投稿:芳賀セブン、交通事故について言及】

「車に轢かれました」

芳賀さんは11日、「車に轢かれました」とポスト。事故直後と思われる様子の動画で、芳賀さんは道路上にあおむけになり、「けがしてなければ僕は」「強い打撲か何かかな」「どういう状況だったんだろ」などと話す動画を公開しました。また、動画には、「救急車呼びましたんで」「本当申し訳ないです」「芳賀さんのバイクが見えなくてぶつかっちゃったと思う」と言う、女性の声も入っています。
 

この投稿に対し、「ネタかと思ったら、マジだった。お大事に」「事故直後の緊迫した状況を実況中継するとかインフルエンサーの鏡」「いざという時の状況証拠としてもすぐ録画は見習おうかな」という声や、「動画回してないで救急車よんで」「なんでカメラ回してんだよ」という意見も挙がりました。

事故当時の状況などを説明

13日、芳賀さんはXで「みんな!心配かけてごめん!僕は原付で時速30kmで走ってたんだけど、前の車が急な車線変更をしたタイミングで、減速する間もなく追突して左前方に2~3mふっ飛びました」と、事故当時の状況を説明。
 

続けて、「『事故った直後に動画回してるんじゃねーよクソが』ってコメントもありますが、事故現場の証拠となるので動画、写真撮影はめちゃくちゃ大事です。なのでご理解ください」と、ファンに訴えました。また、事故から3時間後には「3ヶ月後にジャパンオープンボディビル選手権を控えていたので」と全身の痛みをこらえ、スポーツジムで「デッドリフト270kgで追い込み、有酸素運動30分したあと日焼けして帰りました」とつづっています。
 

コメントでは、「がちで轢かれてたんですね」「心配だったよ」と芳賀さんを案じる声や、「タフすぎて怖いw」「轢かれてからジム行くの強すぎ」「あの動画で証拠になるのかな」「病院で精密検査受けましょう」など、さまざまな声が寄せられました。
 

次ページ
関連投稿もチェックする
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在