渡辺満里奈、整理できない気持ちを吐露「何もできない自分に無力さを強く感じる」「どうしたらいいのかわからない」

タレントの渡辺満里奈さんは5月8日、自身のXを更新。整理できない気持ちを吐露し、ファンからは温かい声が寄せられています。(サムネイル画像出典:渡辺満里奈さん公式Instagramより)

タレントの渡辺満里奈さんは5月8日、自身のX(旧Twitter)を更新。整理できない気持ちを吐露しました。

【実際の投稿:渡辺満里奈、吐露した内容は?】

「満里奈さんからツイートもらったら、それだけで力になる」

渡辺さんは「苦しんでいる人のポストを見て、何か力になりたいと思うけど、何をしたらいいのかどんな言葉をかけたらいいのか、何もできない自分に無力さを強く感じる」と吐露。続けて「どうしたらいいのかわからないでいる」と、現状を明かしています。前後のポストでは、深刻は雰囲気はなく、突然といった感じです。

何気なくXを見ていて、その人の苦しみが感じられるようなポストが流れてきたのかもしれません。きっと渡辺さんの感受性が豊かだからこそ、いろいろなことを考えてしまうのでしょう。

コメントでは、「ありますよね、無力感を感じてしまう瞬間」「どうしたら良いのかわからない時は何もしないと言う道もあるのです」「優しいなぁ」「満里奈さんからツイートもらったら、それだけで力になる」「このような発信をいただきありがとうございます」「その気持ちが尊いし、いつか必ずチカラになるとおもいます」などの声が寄せられました。

夫婦仲は順調

5日のポストでは「19回目の結婚記念日」を迎えたことを報告していた渡辺さん。私生活ではすてきな時を重ねていることが分かります。今回、渡辺さんがどのようなポストを見たのかは定かではありませんが、苦しんでいる人の苦しみが少しでも和らぐように祈りたいですね。
 
次ページ
渡辺さんの普段の投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」