『Destiny』第5話 亀梨和也“真樹”まさかの行動で第1章終結! 石原さとみ“奏”との運命にさらなる試練

5月7日に放送されたドラマ『Destiny』第5話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:テレビ朝日『Destiny』公式Webサイト)

石原さとみさん、亀梨和也さんが共演するドラマ『Destiny』(テレビ朝日系)。5月7日に放送された第5話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。


>前回(第4話)のあらすじはこちら

Destiny
画像出典:テレビ朝日『Destiny』公式Webサイト

第5話のあらすじ

横浜地検中央支部の検事・西村奏(石原さとみ)は、再会した大学時代の恋人・野木真樹(亀梨和也)に約束した通り、東京地検特捜部の主任検事だった父・辻英介(佐々木蔵之介)と、真樹の父で弁護士の野木浩一郎(仲村トオル)が関わっていた、20年前の「環境エネルギー汚職事件」について調査を続行。支部長の大畑節子(高畑淳子)から、特捜部時代の英介の部下・新里龍一(杉本哲太)を紹介され話を聞くことに。

新里は20年前の事件を機に検事である意義を見失って辞めており、「何も話せることはない」と言いつつも、「辻さんは死をもって真実を封じ込めた」と進言。彼の言葉を反すうし思い立った奏は長野の実家へ向かい、父の遺品から事件について記録されたICレコーダーを探し出します。そこには、事件発生から裁判後までを語る父の声が録音されており、奏は横浜に戻ると自宅に真樹を呼び出し、たどり着いた真実を共有します。

英介は浩一郎の強引な弁護手腕によって証拠ねつ造の罪を着せられ、自らの正義を貫くために真実をレコーダーにのみ残して自死を決意。「奏にだけは真実を知ってほしい。父は正義を貫いた」という父の思いに涙した奏。真樹に「もう会わない」と告げ、離別する運命なのだと決心。真樹は動揺しつつ帰ろうとした矢先、玄関先で突然の激痛に倒れてしまいます。奏は婚約者で外科医の奥田貴志(安藤政信)に助けを求め、真樹との仲を疑われるも貴志のことが大切だと弁明。

貴志はもともと真樹の主治医であり、奏に真樹が末期のがんに侵されていることを伝えます。一方、真樹は実家を訪ね浩一郎と対峙(たいじ)。その後、野木邸が火事で燃え上がり、職務質問を受けた真樹は自分が火をつけたと自白します。その事件をニュースで知った貴志から連絡を受けた奏は――。

Destiny
画像出典:テレビ朝日『Destiny』公式Webサイト

真樹が放火犯に……衝撃ラストが第2章でどう展開されていくのか注目

ついに奏と真樹を因縁づける過去の事件の真実が明らかになり、真樹との恋も過去のものとして、貴志との人生を歩んでいく決意をした奏。一方、浩一郎と対峙した真樹が放火犯になるという衝撃のラストを迎え、物語は第2章へ突入。真樹の犯行は奏への愛がもたらしたようにも思え、「あなたはこの愛を裁けますか?」というキャッチコピーの真相がいよいよ気になるところ。

X(旧Twitter)では、「なんか奏に共感できなかったかな。真樹が苦しくて、切なくて、このまま消えてしまいそう」「安藤政信の気持ちも分かる。同棲してる自宅に男を勝手に入れるとか許せないよね」「最後のシーンが1話冒頭伏線とつながったけど、なんで放火したのか?」「散りばめられた謎が全然回収されなくて倒れたり火事になったり渋滞しすぎ…」「これからどんな展開になるんだ」など、さまざまなコメントが飛び交っています。

野木邸が放火され、浩一郎は意識不明の重体。奏は真樹と、検事と放火事件の被疑者として対峙することに。なぜ真樹は犯行に及んだのか、あの日、真樹と浩一郎の間に何が起こったのか? いまだ回収されず散らばったままの謎に新たな謎も加わる中、第2章で奏と真樹の愛と正義がどう描かれていくのか注目です。

『Destiny』あらすじバックナンバー

第4話
第3話
第2話
第1話
 

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

次ページ
第6話の予告を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」