新型iPad発表のApple、楽器破壊のプロモーション動画が批判を浴びる「下品で悪趣味すぎる」「悲しみを超えている」

AppleのCEOであるティム・クック氏は5月8日、自身のXを更新。公開したプロモーションビデオの内容が「なんだこのAppleらしくないPVは」と批判を浴びています。(サムネイル画像出典:ティム・クック氏公式Xより)

AppleのCEOであるティム・クック氏は5月8日、自身のX(旧Twitter)を更新。公開したプロモーションビデオの内容が批判を浴びています。

【実際の投稿:ティム・クック氏、公開した動画に批判集まる】

「クリエイターがこのビデオを気に入るとは思えない」

クック氏は「新しいiPad Proの登場です。これまでで最も薄く、これまでで最も先進的なディスプレイ、そしてM4チップの驚くべきパワー。M4チップの驚くべきパワー。このiPad Proを使って、どんなものが生み出されるのか、想像してみてください」と英語でつづり、1本の動画を公開しています。1分の長さの動画で、内容はかなり衝撃的です。ピアノやゲーム、メトロノーム、モニターなどが上から大きなプレス機のようなもので徐々に押しつぶされていく様子です。

破壊の瞬間がかなり鮮明に捉えられ、見るのが耐えられない人もいるでしょう。最後に完全に押しつぶされた後は、プレス機の中から新型iPadが登場。iPadの薄さや、いろいろな機能が中に詰まっていることをアピールしたかったのかもしれませんが、悪手だと思われます。

コメントでもやはり非難の声が殺到。「楽器やカメラといったクリエイティブな道具が壊されていくのを見て、悲しい気持ちになった。クリエイターがこのビデオを気に入るとは思えない」「プロのクリエイターにアピールするために、人間の創造性や文化的功績の象徴を粉砕する」「スティーブ・ジョブズが恋しい」「多くの職人は道具を大切にする。音楽家は楽器を、建築家は定規を、画家は筆や画材を、命そのものよりも大切にする。あなたが提示したビデオは "オール・イン・ワン "だが、彼らをうんざりさせるだけだろう。彼らは決して関わろうとしないかもしれない...」といった声が海外から上がりました。

また日本でも、「AppleイベントのiPad紹介映像、下品で悪趣味すぎる」「かつてのAppleにあったセンスが失われ始めてるのかと思うと悲しくなる」「なんだこのAppleらしくないPVは」「楽器を潰して破壊していく映像、つらかった。自分の全身が痛みを感じた。音楽を愛するAppleがこんな映像表現をするとは悲しみを超えている」などの声が上がりました。

7日に新製品を発表したApple

7日に開催されたAppleの新製品発表イベントで、「iPad Pro」と「iPad Air」の新モデルが発表され、世間ではそのことが話題を集めているものの、今回の“楽器破壊”も少なからず反響を呼んでいます。クック氏は何を思ってこの動画を世界に向けて発信したのか、疑問に思う人が大勢いるはずです。今後何かしらの対応があるのかどうか、注視したいですね。
 
次ページ
ティム・クック氏のApple関連の投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応