マックルモア、イスラエル&アメリカを痛烈に批判する新曲公開「この業界で唯一、耳を傾ける価値がある」

ラッパーのマックルモア氏は5月6日、自身のXを更新。イスラエルの非人道的な行いと今のアメリカを痛烈に批判する新曲を発表し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:マックルモア氏公式Xより)

ラッパーのマックルモア氏は5月6日、自身のX(旧Twitter)を更新。イスラエルと今のアメリカを痛烈に批判する新曲を発表しました。

【実際の投稿:マックルモア、アメリカを痛烈に批判】

「この曲には素晴らしい歌詞のメッセージがある」

マックルモア氏は「HIND’S HALL. Once it’s up on streaming all proceeds to UNRWA(HIND’S HALL。ストリーミング配信後、収益はすべてUNRWAに寄付される)」とつづり(「UNRWA」=「国連パレスチナ難民救済事業機関」)、動画を1本載せています。

2分49秒の長さの新曲です。パレスチナに対するイスラエルのジェノサイドに抗議する内容となっています。次々とイスラエルの蛮行や体を張って抗議活動を行う人々が映し出され、見た人にかなりのインパクトを与えるのではないでしょうか。

またアメリカもイスラエルに軍事支援をしていることから、自国をも痛烈に批判。「I'm not voting for you in the fall」と、11月に行われる大統領選挙で「ジョー・バイデンに投票しない」という歌詞もあります。

コメントでは、「信じられない。パレスチナ人として感謝している。ありがとう」「この業界で唯一、耳を傾ける価値がある」「白人のラッパーは、DJキャレドがやった以上のことをやってのけた」「素晴らしい」「この曲には素晴らしい歌詞のメッセージがある」と、主に海外から称賛の声が多数上がりました。 

イスラエルは停戦案を拒否

6日、ハマスはカタールとエジプトが提示した停戦案に合意したものの、イスラエル側は拒否。ラファ侵攻の構えを見せるイスラエルに、世界中から非難の声が上がっています。非人道的な行為はいつまで続くのか。我々は声を上げ続けなければいけません。
 
次ページ
マックルモア氏の普段の投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応