登録者200万人超YouTuber、パレスチナ人が命がけで撮影した現地動画を公開。「スナイパーが至るところに居る」

人気YouTuberのジョーブログさんが、パレスチナ問題に関する動画を公開。「とても心動かされる動画」と反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:ジョーブログさんInstagramより)

登録者200万人を超えるYouTuberのジョーブログ(以下、ジョー)さんが11月3日、自身のYouTubeチャンネル「ジョーブログ【CRAZY CHALLENGER】」で動画を更新。激化するイスラエルとパレスチナの紛争に関する動画を公開しました。
 

【実際の動画:ジョーブログ、パレスチナの現状を動画で公開】
 

3年前、イスラエルとパレスチナを訪れていたジョーさん

ジョーさんは動画冒頭で、約3年前にイスラエルとパレスチナを訪問したことを報告。その際、現地の男性に「ヨルダン川西岸地区」を一通り案内してもらい、「パレスチナ問題をリアルに垣間見て」と話します。昨今の情勢を受け、案内をしてくれた人の安否を気遣う声が多く寄せられたため、動画化することにしたとのこと。
 

結論としてはその案内役を務めた男性は無事で、同自治区の現状を収めた動画をジョーさんに送り、現地の様子も公開されました。「ジョーこんにちは この状況を見ての通りだ 悪化している」「反対側にはまた軍がいる そして人々に向けて攻撃を始めます」と話し、シャッターが閉まった街並みが映し出されています。
 

「申し訳ないが全てを録画することはできない」

次のシーンではこちらも人が全くいない街中の様子が映し出され、「申し訳ないが全てを録画することはできない 非常に危険だからだ スナイパーが至るところに居る」「ハマスとここにいるすべての国民が衝突している」と、緊迫した様子が伝わります。続けて、「私にも何かできることがあるんじゃないか」と話しており、まさに命がけで動画を撮っているのではないでしょうか。
 

また、別のシーンでは黒煙が立ち上る様子を市民らが見つめている姿も。小さな子どもを抱き寄せる男性の姿も映し出され、「これ以上近づけません ここは兵士に囲まれている」と言ったところで、約2分の動画は終わりました。
 

こちらも読む→パレスチナ問題を分かりやすく解説
 

「いずれ日本もどうなるのかという所まで絡んでくるかもしれない」

ジョーさんは動画を通して、「これをきっかけに今世界がどうなっているか 何が起きてるか 興味関心を持ってもらって」「この紛争も雪だるま式に肥大化していって いずれ日本もどうなるのかという所まで絡んでくるかもしれない 世界は繋がってて自分たちは何ができるのか」「実際に勉強して情報を知ることから そしてその情報が色々ある中で 自分が精査してどう解釈していくのかということを感じてほしい」と語っています。
 

ファンからは、「日本のニュースが取り上げないようなリアルな現状を知ることが出来て感謝」「安全に暮らしていくことがどれだけありがたいことなのか、すごく考えさせられました」「現状を伝えてくれてありがとう」など、「とても心動かされる動画」と反響を呼んでいます。動画では3年前に同自治区を訪れた際の様子も公開されています。気になる人は、ぜひチェックを。
 


 

次ページ
ジョーさんの投稿&動画をチェック
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」