主演作品を見てみたい「俳優業もするお笑い芸人」ランキング! 2位「友近」、1位は?

All About ニュース編集部は、全国435人を対象に「主演作品が見てみたいと思うお笑い芸人」に関するアンケートを実施。2位「友近」を抑えたのは?(サムネイル画像:友近さん公式Instagramより)

All About ニュース編集部は3月15日~4月15日、全国の10~70代の435人を対象に「俳優業もしているお笑い芸人」に関するアンケート調査を実施。今回はその調査結果から、「主演作品が見てみたいと思うお笑い芸人」ランキングを紹介します!

>19位までの全ランキング結果を見る

2位:友近

2位は、ピン芸人として活動する友近さんです。

友近さんは、2015年に放送されたNHK連続テレビ小説『あさが来た』に出演。その後、2023年のNHK連続テレビ小説『ブギウギ』でも8年ぶりに朝ドラ出演を果たし、看護師の東役を務めました。

芸人としては演技力と観察力が光り、物まねのレパートリーも豊富。演歌歌手の「水谷千恵子」や中高年アルバイター「西尾一男」といった独自のキャラも人気を博しています。そんな友近さんには、以下のようなコメントが寄せられました。

「カオスになりそうだけどそこがまた面白そうで見てみたい(10代女性/岡山県)」

「主役を張れるほどの演技力がある。お笑いのネタでもそのようなネタをやっていたので、本当の作品で実際に見てみたい(30代女性/京都府)」

「器用な芸人さんなのでどんな役柄でも上手にこなせそう(50代女性/鹿児島県)」

「脇役としてのポテンシャルが高そうで、絶対裏切らない演技をしてくれるのは確実だけど、メインでじっくりと、意外な一面も見てみたい(40代女性/沖縄県)」

1位:原田泰造(ネプチューン)

1位を獲得したのは、原田泰造さんでした。

原田さんは、名倉潤さんと堀内健さんとともにお笑いトリオ・ネプチューンとして活動。個人では俳優としても活躍しており、これまで『龍馬伝』や『篤姫』といったNHK大河ドラマにも出演しています。

主演作も複数あり、2019年から放送がスタートした『サ道』(テレビ東京系)シリーズでは“サウナー”のナカタアツロウを熱演。2024年のドラマ『おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!』(フジテレビ系)では主人公の沖田誠役を演じました。幅広い演技力が光る原田さんには、回答者から次のような声が集まりました。

「味があるため、少し寂しい父親役をやってほしい(40代男性/大阪府)」

「もっと多才な演技を見たいから(60代男性/静岡県)」

「サ道が面白くて続編を期待しているから(40代男性/福岡県)」

「最近ドラマで見るようになってきたけど、面白いだけではなく、影のある演技もできそうでワクワクするから(40代女性/神奈川県)」

「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないかを見て感動し、他のストーリーも見たいと思ったため(20代女性/神奈川県)」


※回答者のコメントは原文ママです
次ページ
19位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」