関口メンディー、EXILEから卒業&LDH退社「家族のことは大好きです。 でも親元を離れ、自分の足で立ち」

GENERATIONS、EXILEで活躍する関口メンディーさんが所属するLDH JAPANは4月30日、関口さんのグループ卒業&退社を発表しました。関口さんからのメッセージ全文を掲載します。(サムネイル画像出典:関口メンディーさん公式Instagramより)

GENERATIONS、EXILEで活躍する関口メンディーさんが所属するLDH JAPANは4月30日、関口さんのグループ卒業&退社を発表しました。

【実際の投稿:関口メンディー、報告文の全文を読む】

「新しい挑戦をしたいという強い決意を聞き」

同社は「LDH JAPAN所属アーティスト 関口メンディーに関するお知らせ」と題し、関口さんが6月25日をもってグループを卒業し、LDH JAPANからも退社することを公式Webサイトにて発表しました。

理由に関しては、「今後の活動や将来に対するメンディー自身の想いを受けて、メンバー・スタッフで何度も話し合いを重ねてきました。その中で、新しい挑戦をしたいという強い決意を聞き、本人の意思を尊重し、このような形となりました」とのことです。

関口さんからのメッセージ全文掲載

関口さんは「関口メンディーより応援してくださる皆様へ」と題し、以下のメッセージを寄せました。

いつも温かい応援ありがとうございます。

この度、私、関口メンディーは6月25日をもってLDHでの全ての活動を卒業させていただくこととなりました。

20歳から今日に至るまでの約13年間、何者でもないどころか出来の悪い僕にチャンスを与え、愛を持って一から育ててくださったHIROさんをはじめ、事務所のスタッフの皆さん、GENERATIONSメンバー、先輩の皆さんや後輩たちに感謝をしてもしきれません。

GENERATIONSから全てが始まり、彼らと友として、良きライバルとして、切磋琢磨しながら駆け抜けた激動の時間は、今までのどんな時期よりも青く愛おしい青春です。
彼らがいなければ間違いなく、今の自分はありません。
これからも一番のGENERATIONSファンとして、活動を応援していきます。
また憧れであったEXILEとして活動できたことで、夢の持つパワー、エンタテインメントの素晴らしさと底力を学ぶことができました。
思い返してみても、夢のような時間を過ごさせていただいたと思います。

そして僕を見つけてくれて、愛を持って応援してくれたDREAMERS、ファンの皆さんに感謝を伝えたいです。
どんな時も挫けずに前に進む勇気と原動力をありがとうございました。
経験できた全てのことが財産であり、大切な宝物です。
約13年間という月日の中で、LDHは僕にとって家族であり、実家のような場所になりました。
実家は愛があって、温かいです。
父がいて、母がいて、兄や弟、姉や妹がいる。
美味しいご飯も、温かいお風呂もあります。何より安全です。
ですが、いつからかこのままでいいのだろうか、自分はこの環境に甘えてしまっているのではないかと考えるようになりました。
家族のことは大好きです。
でも親元を離れ、自分の足で立ち、偉大な父の背中に近づき越えていくことこそが、僕が考える親孝行のカタチなのだと気づいたのです。
僕はLDHから独立し、新しい生き方に挑戦させていただきます。
今まで以上に気を引き締めて、これからも芸能活動、エンタテインメントの世界に携わって参ります。
どんな困難なことや試練があろうとも、これまで培ってきたものがあれば、乗り越えてゆけると、自分の可能性を信じています。
どうかこれからも温かく見守っていてください。

関口メンディー

画像出典:LDH JAPAN公式Webサイト
画像出典:LDH JAPAN公式Webサイト
次ページ
関口さんのInstagram投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在