「一般人に戻ります」へずまりゅう、6月末でSNS引退を宣言。「親がこんな人間だったら嫌じゃないですか」

へずまりゅうさんがXで、6月末に「SNSを辞めて一般人に戻ります」と公表しました。(サムネイル画像出典:へずまりゅうさんXより)

元迷惑系YouTuber・へずまりゅうこと原田将大(以下、へずま)さんが4月20日、自身のX(旧Twitter)を更新。SNSの引退を宣言しました。
 

【実際の投稿:へずまりゅう、6月末でSNS引退】

「正直死ぬほど辛かった」

へずまさんは、「急ですがSNSを辞めて一般人に戻ります。子供が産まれた時に親がこんな人間だったら嫌じゃないですか? 今から就職活動をして正社員で普通に働きたいです」とつづり、自撮りショットを添えてポスト。続けて、「SNSは楽しかったけどたくさんの人に迷惑を掛けて正直死ぬほど辛かった。最後6月末に挑戦したいことだけして引退します」と宣言しました。
 

コメント欄には、「絶対に嘘」「みんな話半分で聞いてる」「ネタ切れになると毎回こう」「どうせすぐもどるやろ?」「デジタルタトゥーは一生消えない」と、へずまさんの引退宣言を信じないという人や、「普通にちゃんと慈善活動もしてるし凄いと思う」「その気持ちがマジなら、めっちゃ応援する」「家族の為に頑張って」という声援も寄せられています。
 

中には、「最初めちゃめちゃ嫌いだったけど、子どもたちのためにお菓子を配る姿にだんだんと好きに」と、石川県でのボランティア活動でへずまさんを応援するようになったという声も上がりました。

「リオグループ」で正社員の道を進むのか……?

2023年3月から同社の広報として月給100万円でナイトレジャーグループの「リオグループ」で働いているへずまさんは21日、別のXアカウントで「引退したら福岡のリオグループで働かせていただけれるように上司に許可が取れました」と明かしています。
 

次ページ
へずまさんのほかの投稿も見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」