マリオシリーズ実写化で「ルイージを演じてほしい役者」ランキング! 2位「ムロツヨシ」、1位は?

All About ニュース編集部は、任天堂が発売している「マリオシリーズ」に関するアンケート調査を実施。「マリオシリーズ」を実写化するなら「ルイージを演じてほしい役者」で1位に輝いたのは?(サムネイル画像出典:ムロツヨシさん公式Xより)

All About ニュース編集部は、任天堂から発売されているアクションゲーム「マリオシリーズ」に関するアンケート調査を行いました(3月22日~4月18日の期間、全国の10~60代の男女360人を対象に実施)。この記事では、「マリオシリーズ」を実写化するなら「ルイージを演じてほしい役者」ランキングの結果を紹介します!

トレードマークは、緑の帽子に緑のシャツ、口ひげ姿のルイージは、マリオの双子の弟。マリオより少しだけ背が高く、優しい性格のキャラクターで人気があります。実写化されるとしたら、誰がぴったりでしょうか。

>5位までの全ランキング結果を見る

2位:ムロツヨシ

2位にはムロツヨシさんがランクイン。1999年に舞台デビューしたムロさんは、2005年『サマータイムマシン・ブルース』で映画にも出演。同年、ドラマ『踊る大捜査線』(フジテレビ系)からテレビにも進出。以来、映画、ドラマ、舞台とジャンルを問わず活躍中です。

ムロさんは、天然で愛嬌(あいきょう)のあるキャラクターとして大人気。ギャグで笑いを誘うだけでなく、人間味のある演技で視聴者に愛されています。

回答者からは「ちょっとした可愛さとおちゃらけ感がかなり良いと思おう」(20代回答しない/沖縄県)、「楽しくやってくれそうだから」(40代女性/神奈川県)、「おとぼけ感がはまっているためです」(40代男性/山梨県)、「大泉洋さんと似ているし兄弟役でぴったりだと思います」(40代女性/静岡県)といった意見が上がりました。

1位:大泉洋

1位には大泉洋さんが輝きました。大学在学中より北海道ローカル深夜番組『水曜どうでしょう』(北海道テレビほか)に出演し、人気が道内だけでなく全国区になりました。東京進出後、数々のドラマや映画に引っ張りだこに。NHK大河ドラマには『龍馬伝』『真田丸 』『鎌倉殿の13人』と、3度出演。2022年には司会、2023年には歌手として、NHK紅白歌合戦への出場も果たしました。

さらに、音楽番組の司会やアニメ声優、舞台の脚本・演出、エッセイ執筆など、精力的に活動している大泉さん。コメディータッチの演技や独特のキャラクターが、ルイージとマッチすることから多くの人に支持されたのでしょう。

回答者からは「見た目のイメージとひょうきんな話口調がキャラクターと合いそうだから」(30代女性/岡山県)、「怖がってビビっていても、ここぞというときには頼りになるイメージを崩さず演じてくれそう」(30代女性/静岡県)、「パッと浮かびました。コミカルに演じてくれそうです」(40代女性/大阪府)、「とぼけた感じ合う」(40代男性/北海道)などの声が寄せられました。

※回答者コメントは原文ママです

この記事の筆者:小林清峰
スポーツ新聞→編集プロダクションで編集やカメラ、ディレクション、ライターやってます(何でも屋です)
次ページ
5位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」