『イップス』第1話 ボケ・篠原涼子×ツッコミ・バカリズムの掛け合いが爽快!「ポップな古畑任三郎」の声も

4月12日より放送スタートしたドラマ『イップス』第1話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(サムネイル画像出典:フジテレビ『イップス』公式Webサイト)

篠原涼子さん×バカリズムさんのW主演ドラマ『イップス』(フジテレビ系)が4月12日より放送スタートしました。“イップス”とは、心の葛藤により、筋肉や神経細胞、脳細胞にまで影響を及ぼし、それまでできていたことができなくなってしまう心理的症状のこと。

本作は小説を書けなくなったミステリー作家と、事件を解けなくなったエリート刑事が事件を解決していくミステリーコメディーです。第1話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

イップス
画像出典:フジテレビ『イップス』公式Webサイト

第1話のあらすじ

デビュー作から3作連続でベストセラーを記録するも、5年もの間新作が書けていないミステリー作家の黒羽ミコ(篠原涼子)。持ち前の会話術と洞察力を武器に情報番組のコメンテーターをこなすも、そのせいで小説はさらに片手間に。5年前に出した小説はトリックが薄いと叩かれ、コメンテーター業でも何でもクビをつっこみすぎだと叩かれる始末。

一方、警視庁捜査一課のエリート刑事・森野徹(バカリズム)は、ある出来事をきっかけに事件を解けないイップス状態。実はミコの大ファンだったものの、最新作の完成度が低いあげく新作を出さない彼女に苛立ち、“ノモリ”というアカウントを使いSNSでアンチコメントを書き込んでいました。

そんな2人は、元アイドルの人気熱波師・電撃ウィッチ麻尋(トリンドル玲奈)がプロデュースするサウナ施設で出会います。すると、その施設で反社会的組織に所属する竹内渉(山口大地)の死体を発見。ミコは初めての死体と殺人現場にテンションを上げ、刑事である森野に協力を仰いで取材を開始。ところが、麻尋が怪しいとにらんだ途端、イップスの症状が出た森野は現場から立ち去ってしまいます。

森野も自分と同様にイップスだと知ったミコは、それでも刑事を辞めていない森野に対し、もがけ! と激励。ミコの推理と森野が見つけた証拠で問い詰められ、麻尋はついに自白します。元恋人の竹内から非道な目に遭っていた麻尋の犯行動機を聞いたミコは、人権派弁護士の弟・慧(染谷将太)を紹介するのでした。

イップス
画像出典:フジテレビ『イップス』公式サイト

篠原涼子×バカリズムの掛け合いが爽快!

最初から犯人と犯行過程が視聴者に公開される倒叙型ミステリーのため、ミコと森野がどのタイミングで犯人に目星をつけるのか、違和感や矛盾に気付くのかを見ていくのが楽しい本作。篠原さんとバカリズムさんの膨大なせりふ量かつ軽快な会話が小気味よく、次話以降、事件を通してイップスからの回復が見られるのかどうなのかなど、さまざまに期待が膨らみました。

X(旧Twitter)では、「追いつめられない刑事のバカリズムと書けないミステリー作家篠原涼子、コンビいいね」「脚本違うけど掛け合いとか間合いがバカリズムテンポという感じ」「篠原涼子さんがボケ役にまわるのが新鮮で、バカリズムの淡々としたツッコミとの掛け合いが心地よすぎて、あっと言う間」「最高のバディ物」「ポップな古畑任三郎」などのコメントが続出。今後の展開に期待する声が寄せられています。

第2話では、森野が事件現場の規制線の中に入ることが出来ず逃げ込んだカラオケボックスで、同じ店を訪れていたミコと遭遇し、一緒にカラオケをすることに。同じ頃、ミコたちと別の部屋で人気のコンビインフルエンサー「悪童エクスプレス」のコンビ間殺人が起き――。ミコ&森野がどんな名コンビぶりを見せてくれるのか注目です。

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在