「貴重すぎる」小山慶一郎、実姉・みきママとの幼少期ツーショットに反響! 「なんてこったぁ」

NEWSの小山慶一郎さんが、4月12日に自身のInstagramを更新。姉で料理研究家のみきママさんとのツーショットを公開し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:小山慶一郎さん公式Instagramより)

NEWSの小山慶一郎さんは4月12日、自身のInstagramを更新。姉で料理研究家のみきママさんとのツーショットを公開しました。

【実際の投稿:小山慶一郎、実姉・みきママとのきょうだいショット】

「チビ慶ちゃんかわいすぎるよ」

小山さんは「姉・みきママとレタスクラブさんでWEB連載がスタートします!! タイトルは『小山姉弟の食卓』です」と報告し、2枚の写真を投稿しました。1枚目では、おそろいのエプロンを着用して2人でキッチンに立つ現在のツーショットを公開。2枚目では、幼少期の頃のツーショットを載せています。右下の日付は1987年5月8日を示しているので、小山さんが3歳の頃の写真のようです。2人ともあどけない笑顔を見せていて、変わらない仲の良さがうかがえます。

小山さんは今回の連載開始について「まさか姉と一緒に仕事をする日が来るなんて思ってもいませんでした。一番驚いているのは母だと思います」「良かったら見てください」と心境をつづりました。

ネット上では「チビ慶ちゃんかわいすぎるよ」「貴重すぎる」「手もムチッてるしなんてこったぁ」「面影あるなぁ」「子どものみきママ&小山くんかわいすぎる!!」など、称賛の声が多く寄せられています。

オフショットを多数公開

小山さんはInstagramでさまざまなオフショットを公開。3月31日にはTOKIOの国分太一さんと肩を組んだツーショットなどを載せていました。次はどんな写真を載せてくれるのか、楽しみですね。
 
次ページ
オフショットをもっと見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」