HIKAKIN、台湾地震受け1000万円を寄付「日本人として恩返しできるタイミング」

YouTuberのHIKAKINさんが4月3日に台湾の花蓮県沖で発生した地震を受け、1000万円の寄付をしたことを公表しました。(サムネイル画像出典:「HikakinTV」)

YouTuberのHIKAKINさんが4月10日、自身のYouTubeチャンネル「HikakinTV」で動画を更新。3日に台湾の花蓮県沖で発生した地震を受け、1000万円の寄付をしたと発表しました。
 

【実際の動画:HIKAKIN、台湾地震に1000万円の寄付】

「自分にも何かできることがあるんじゃないか」

HIKAKINさんは、「僕自身もYouTubeを通して 現地の悲惨な状況を目にし 本当に心が痛い」「こんな時に少しでもこのチャンネルの力を使って 微力ではありますが 何か自分にもできることがあるんじゃないか」と話します。
 

続けて、「台湾は今年のはじめに(2024年1月1日) 石川県で起きた能登半島地震の時 そして3.11(2011年3月11日)の東日本大震災の時も 本当にたくさんの援助を日本にしてくださいました」「そんな台湾が大変な今こそ 日本人として恩返しできるタイミング」と、寄付の経緯を説明しました。

「悪質な偽サイトもあると聞きますので」

HIKAKINさんが寄付をしたのは、日本赤十字社が行っている「2024年台湾東部沖地震救援金」で、「中には募金を騙(かた)って個人情報を騙(だま)し取ったり自分のためにお金を集めるような悪質な偽サイトもあると聞きますので」と、寄付をする際の注意喚起もしています。
 

チャンネル登録者が1000万人を超えたときから、100万人増えるたびに1000万円の寄付をしてきたというHIKAKINさん。台湾地震を受けて、「少し考え方を変えさせていただこうと」「今すぐ支援が必要なタイミングで募金できた方が社会にとっていいのかな」と語り、今後はチャンネル登録者数の区切りではなく、「僕自身が本当に今すぐ支援が必要だと思った時に募金するようにしたい」と方針変更も明かしました。
 

コメント欄には、「この影響力を正しく使うの尊敬しかない」「個人的に持っているお金を一番人のために使ってるのこの人だと思う」「ヒカキンさんの行動力と優しさに感動」と称賛の声が上がったほか、「私台湾人です、本当にありがとうございます」「機会があれば台湾遊びに来てください」など台湾の人から感謝の声も多く寄せられました。
 

次ページ
HIKAKINさんのほかの動画もチェック
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応