「このような形での公表となり」人気声優・梅原裕一郎、結婚報道に言及。「今後とも声優として精進」

声優の梅原裕一郎さんが、4月4日に自身の公式Xを更新。一部週刊誌で結婚していたと報道された件について言及し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:アーツビジョン公式ホームページより)

声優の梅原裕一郎さんは4月4日、自身のX(旧Twitter)を更新。一部週刊誌で結婚していたと報道された件について言及しました。

【実際の投稿:梅原裕一郎、結婚報道に言及】

「お騒がせをしておりますことお詫び申し上げます」

梅原さんについては、同日に一部週刊誌で一般女性と入籍していたことを報じられ、注目を集めていました。

この件に関して梅原さんは公式Xの投稿文で言及。「この度は私、梅原裕一郎に関する一部報道によりお騒がせをしておりますことお詫び申し上げます」と謝罪すると、「プライベートについての公表は事務所とも相談して控えておりました。このような形での公表となり申し訳ございません」と説明しました。

さらに声優活動について「今後とも声優として精進してまいりますので、宜しくお願い致します」と意気込みをつづり、投稿を締めくくっています。

ファンからは「プライベートが幸せなら善き事です。お仕事の方も頑張ってください」「何も謝ることはないと思います!」「これからも頑張ってください!」「めちゃくちゃおめでたいし、プライベート分けるの超絶かっこいい」など、祝福と応援の声が多く寄せられました。

数々の人気作品で声優を担当

梅原さんは『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(MBS・TBS系)ユージン・セブンスターク役、『ゴブリンスレイヤー』(TOKYO MXほか)ゴブリンスレイヤー役など、数々の人気作品に出演。その整った顔立ちでも注目を集める人気声優です。今後の活躍も楽しみですね。
 
次ページ
梅原裕一郎さんのほかの投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化