「間違いなく現役JK最強」白濱美兎、制服から美脚あらわに! 「現役で制服が着れるのもあと1年」

タレントの白濱美兎さんが3月25日、自身のInstagramを更新。美脚ショットを披露しました。コメントでは「可愛すぎる」との声が寄せられています。(サムネイル画像出典:白濱美兎さん公式Instagramより)

タレントの白濱美兎さんが3月25日、自身のInstagramを更新。「現役で制服が着れるのもあと1年」とコメントし、美脚ショットを披露しました。

【実際の投稿:白濱美兎、美脚ショット公開!】

「一生17歳がいいです…」

「現役で制服が着れるのもあと1年 一生17歳がいいです…」とつづった白濱さんは、チェック柄のミニスカートで登校バッグを肩に掛けた制服ショットを1枚アップ。健康的な美脚が際立っています。おそらく、漫画アクションデジタル写真集『Pure White』(双葉社)の撮影のオフショットでしょう。

「是非チェックしてね」と呼び掛けた白濱さんには、「めちゃめちゃ可愛すぎる」「間違いなく現役JK最強」「制服が似合いすぎる!」「最高」「ずっと17歳でいてください」「現役だから無敵です」「卒業しても制服着てくださいよ〜」など、ファンの声が寄せられました。

「全鳥取県民の妹」

白濱さんは2006年10月5日生まれ、鳥取県出身。2023年3月の「美少女図鑑AWARD2023」で特別賞3冠を獲得し、「全鳥取県民の妹」というキャッチフレーズも付くなど、次世代ナンバーワンの呼び声高い清純派グラビアアイドルです。
 
次ページ
白濱さんのグラビアショットをもっと見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も