ブラジャーやショーツで開運! 運気アップにつながる「下着のラッキーアクション」5つ

いつ下着を買い替えましたか? 運気が滞っていると感じる人は、古い下着をつけているのが原因かもしれません。ブラジャーやショーツを新しくすると、運の流れが変わるかも。今回は、「下着の開運アクション」を5つ紹介します。

風水では、肌に直接触れる下着は身につける人の運気に大きな影響を与えると考えられています。そのため、下着を3年以上買い替えていない人は要注意! 布には邪気がたまりやすいため、古くてヨレヨレの下着をつけていると、運気が下がってしまうのです。

まだ使えそうでも、思い切って古い下着を手放し、新しいものに買い替えてみることで、運気の流れがよい方向にガラリと変わるかもしれません。

今回は、運気が滞っていると感じる時にやってほしい、下着にまつわる開運アクションを5つ紹介します。

下着を変えて開運! 運気アップにいい5つの行動とは
下着を変えて開運! 運気アップにいい5つの行動とは?

運気アップにつながる「下着の開運アクション」5つ

1. 定期的に新しいものに買い替える
下着の色があせていたり、ほつれやゴムの緩みがあったりしませんか? 古いものや汚れているものを身につけていると、「気」が滞り、運気が下がってしまうので、どんなにお気に入りの下着でもヨレヨレになるまで使うのはNGです。まだ使えると思っても、感謝の気持ちで手放し、定期的に買い替えるようにしましょう。

交換の目安は1年程度がベスト。元旦など、運気が切り替わるタイミングに使い始めるといいですよ。

 

2. ブラジャーとショーツは上下セットにする
ブラジャーとショーツの色が上下で違ったり、デザインや素材が異なったりすると、運気の流れが悪くなりやすいといわれています。

下着は上下セットでそろえることで、気持ちが引き締まったり気分が上がったりと、ポジティブな気持ちになれるため、運気アップにつながります。

「誰に見せるものでもないし……」と考えてしまいがちですが、自分の気持ちを上げるために、上下そろったお気に入りの下着を選んでみてはいかがでしょうか?

 

3. 体にピッタリ合ったものを身につける
何年もバストのサイズを測っていない人もいるのではないでしょうか? しかし、バストのサイズや形は、時とともに少しずつ変化するため、定期的にバストのサイズを測り、自分の最新のサイズを把握することが大切です。

サイズの合わない下着を着ると、体が不快に感じ、知らず知らずのうちに小さなストレスが積み重なっていくもの。運気のバランスを悪くするだけでなく、バストや体形が崩れる原因にもなるので、自分の体にピッタリあった、着心地のよい下着を身につけるようにしましょう。

 

4. 清潔な下着を身につける
生地の状態がしっかりしていても、デリケートゾーンの汚れや汗染みなど、洗濯しても落ちない汚れがある場合も交換するのがおすすめです。常に肌に身につけるものだからこそ、清潔さを意識しましょう。

また、汚れた下着はなるべくその日のうちに洗濯してください。1人暮らしの人の中には、洗濯物を何日分かをまとめて洗濯する人もいるかもしれませんが、汚れている下着を放置しておくと、邪気がたまり運気を下げてしまいます。
 

5. 下着の収納場所を整える
いくら新しい下着に買い替えても、収納するスペースがぐちゃぐちゃになっていたり、不要なものが入っていると、運気の流れが停滞してしまいます。
 
1つ1つの下着をゆとりを持って収納できるよう、不要な物は捨て、スッキリとさせるのが開運のコツです。ブラジャーの型崩れも防ぐことができるので、下着を収納する場所は常に整えておくようにしましょう。


吉方位(きっぽうい)で下着を新調すると、幸運が舞い込み、運気がアップするといわれています。2024年の吉方位は「東北東やや東」。この方面に出かけるついでに、お気に入りの下着を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

この記事の執筆者:木村 友奈 プロフィール
さまざまな開運日や開運アクション、パワースポットなどを研究するフリーライター。趣味はパワースポット巡り。開運行動を日々の生活に取り入れながら、運気アップにつなげられるような記事を執筆。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • AIに負けない子の育て方

    多様化する中学受験…実施校が爆増した「新タイプ入試」「英語入試」に受かるのはどんな子か

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても