「坂道グループ」を卒業した好きなメンバーランキング! 2位は「生田絵梨花」、では1位に選ばれたのは?

All About ニュース編集部では、「坂道グループ」の卒業メンバーについて、独自のアンケート調査を行いました。この記事では、好きな「坂道グループ」の卒業メンバーランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:生田絵梨花さん公式Instagramより)

乃木坂46、櫻坂46、日向坂46からなる「坂道グループ」は、アイドルグループの一大勢力として高い人気を誇っています。各グループのメンバーはソロ活動も盛んで、卒業した後も芸能界を中心に活躍中です。

All About ニュース編集部は2月10日~3月14日、全国の10~60代の男女254人を対象に「坂道グループの卒業メンバー」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から、「好きな坂道グループの卒業メンバーランキング」を紹介します!

>9位までの全ランキング結果

2位:生田絵梨花(元乃木坂46)

2位は、元乃木坂46の生田絵梨花さんです。ドイツのデュッセルドルフで生まれた経歴を持ち、2011年8月に「乃木坂46」のオーディションに合格。初期メンバーとして活躍し、10枚目のシングル『何度目の青空か?』でセンターを務めるなど高い人気を誇りました。

グループ在籍時からミュージカルなどの舞台をはじめ、ドラマや映画に出演。そんな生田さんは、2021年末をもって10年間在籍したグループを卒業。その後は、舞台への出演を中心に俳優として活躍し、またNHKの音楽番組『Venue101』の司会に就任します。音楽活動も活発で、『第74回NHK紅白歌合戦』(NHK)には「ハマいく」として出演。

2024年4月10日には『capriccioso』でソロ歌手としてデビューし、さらにドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』(関西テレビ)へ出演予定となるなど、マルチに活躍を続けています。

回答者からは、「難しいミュージカルもこなし、ディズニー声優にも合格し、自身の作曲したピアノ曲リリース、俳優業など幅広い分野で才能を発揮している」(20代女性/東京都)、「坂道時代に応援していたから。かわいいし、今もテレビでよく見るから」(30代女性/広島県)、「ミュージカルでの圧倒的な歌唱力が好きです」(50代男性/東京都)などの意見が寄せられました。

1位:白石麻衣(元乃木坂46)

1位にランクインしたのは、元乃木坂46の白石麻衣さんでした。2011年に第1期生オーディションで合格すると、抜群の美貌を武器に中心メンバーとしてすぐに活躍をはじめます。乃木坂46で常にトップクラスの人気を誇り、17枚目シングル『インフルエンサー』、20枚目『シンクロニシティ』でなどセンターを担当。

また、個人ではモデル業で活躍し、『LARME』(LARME)や『Ray』(DONUTS)などのファッション誌に出演します。写真集『パスポート』(講談社)が記録的なヒットを達成するなど男女問わず支持を集めた白石さんは、2020年10月にグループを卒業。

卒業後は主に俳優業で活躍し、『風間公親-教場0-』(フジテレビ系)への出演や、『恋する警護24時』(テレビ朝日系)ではヒロインを担当しています。またモデル業も好調で好感度が高いタレントとして知られ、CMやイベントへの出演も多数。YouTubeチャンネル『my channel【白石麻衣 公式】』も登録者数が139万人をこえるなど(※3月22日時点)、インフルエンサーとしても有名です。

回答者からは、「今シーズンやっていたドラマ『恋する警護24時』を見てかわいいいと思った」(30代女性/埼玉県)、「しっかりと自分の道を歩いてそうなので」(40代女性/東京都)、「同性から見てもとにかく綺麗でかわいく、憧れるからです」(20代女性/神奈川県)などの意見が寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
次ページ
9位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『名探偵コナン 黒鉄の魚影』が、物語の「制約」を灰原哀の「居場所」へ昇華させた傑作である5つの理由