2位は「米津玄師」、1位は? 「男性シンガーソングライター」の人気ランキング

「タレントパワーランキング supported by DmMiX」は、タレントのパワースコアを基に作成した「男性シンガーソングライター」のタレントパワーランキングを発表しました。(サムネイル画像:米津玄師さん公式Instagramより)

アーキテクトが運営するWebサイト「タレントパワーランキング supported by DmMiX」は、タレントのパワースコア(タレントの認知度と誘引率を掛け合わせた値)を基に作成した「シンガーソングライター」のタレントパワーランキングを発表しました。調査時期は2023年11月です。

本記事では、男性シンガーソングライターのランキングを紹介します。

>6位までのランキング結果を見る

2位:米津玄師

2位は、米津玄師さんでした。2009年より「ハチ」として活動をスタートした米津さんは、ボーカロイド楽曲で一躍注目を浴びました。

2012年からは自らの名前を冠して活躍し、楽曲はアニメやドラマをはじめ多岐にわたるジャンルで使用されています。特に、アニメ『チェンソーマン』(テレビ東京系)のオープニングテーマ『KICK BACK』(2022年)は、国内外で大きな話題となりました。

1位:菅田将暉

1位は、菅田将暉さんでした。菅田将暉さんは2009年にドラマ『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)で俳優としてデビューし、その演技力から実力派俳優として広く認知されています。

2017年より音楽活動を開始し、2019年には『NHK紅白歌合戦』に出場しました。『さよならエレジー』(2018年)や『虹』(2020年)、そして米津玄師さんが作詞・作曲した『まちがいさがし』(2019年)などが代表曲として人気を博しています。
次ページ
6位までのランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない