好きな「テレビ朝日の男性アナウンサー」ランキング! 「平石直之」「清水俊輔」を抑えた1位は?

All About ニュース編集部では「テレビ朝日のアナウンサー」に関するアンケート調査を実施しました。この記事では「テレビ朝日の好きな男性アナウンサー」ランキングをご紹介します。(サムネイル画像出典:平石直之さん公式Xより)

All About ニュース編集部は1月11日~2月27日の期間、全国の10~60代の男女289人を対象とした「テレビ朝日のアナウンサー」に関するアンケート調査を実施。

今回はその中から、「テレビ朝日の好きな男性アナウンサー」ランキングの結果を紹介します。

>10位までの全ランキング結果を見る

同率2位:清水俊輔

同率2位の1人目は「清水俊輔」さんです。

大阪府高槻市出身、慶応義塾大学文学部卒業の男性アナウンサー。2002年、テレビ朝日へ入社しました。

人気のクイズバラエティ番組『クイズプレゼンバラエティQさま!!』に2005年から出演しており、現在は番組の進行を担当。また、スポーツ中継の実況も務めていることでも知られており、2023年に開催された「2023 WORLD BASEBALL CLASSIC(ワールド・ベースボール・クラシック/WBC)」では決勝戦の実況を務め、侍ジャパン(野球日本代表)の大会優勝を伝える役割を担いました。

アンケート回答者からは 「とても爽やかなスポーツキャスター」(茨城県/40代女性)、「臨場感のある実況が好きだから」(愛知県/40代男性)、「Qさまやスポーツ中継を担当されていて、落ち着きがあって好き」(大阪府/20代女性)、「誠実で真面目な印象だから」(兵庫県/20代女性)といったコメントが寄せられています。

同率2位:平石直之

同率2位にランキングしたもう1人の男性アナウンサーは「平石直之」さんでした。

大阪府出身、早稲田大学政治経済学部卒業の男性アナウンサー。1997年にテレビ朝日へ入社しました。入社以降、『スーパーJチャンネル』『ニュースステーション』『ワイド!スクランブル』などの報道番組を担当。現在は、『サンデーLIVE!!』のメインキャスターに加えて、インターネットテレビ局・Abemaの報道番組『Abema Prime』の番組進行を務めています。

アンケートの回答者からは「youtubeで拝見することも多いことに加え、思ったことを忖度せずに発言しているように思えるから」(大阪府/60代男性)、「押しつけがましくなく他の出演者を尊重しながらも自分の意見が出せるところ」(東京都/40代女性)、「テレ朝というよりAbemaTVの方が印象が強いですが、忖度なしで意見を発言するところが好きです」(鳥取県/40代男性)、「真面目そうで爽やかな印象で好感が持てる」(沖縄県/30代男性)といったコメントが寄せられています。

1位:坪井直樹

1位は「坪井直樹」さんでした。

1993年にテレビ朝日へ入社。東京都出身で慶應義塾大学法学部を卒業している男性アナウンサーです。

『スーパーJチャンネル』『やじうまテレビ!』などの報道番組などでキャスターを歴任。現在は、2013年から放送されている『グッド!モーニング』の司会を務めています。

アンケート回答者からは「ベテランだからか、ニュースの内容が聞き取りやすい」(岐阜県/60代男性)、「朝の番組で拝見していますが、彼のおかげで引き締まっていると思うから」(東京都/50代女性)、「昔から出ているベテランで好印象」(東京都/40代男性)、「ニュース原稿を読むことが抜群に上手いと思います。映像を見ないで話を聞くだけで頭に映像が浮かぶのは彼だけです」(千葉県/40代男性)といったコメントが寄せられています。

 

※回答者コメントは原文ママです

​​​​​​この記事の筆者:長谷川 優人
1990年生まれ。30代突入と同時期に未経験でライター業を開始。日常系アニメと車好き。女性声優さんにも関心をもち個人的にイベントへ参加している。現在の所有車はスズキ ワゴンR(MH95S)。各地のアニメ作品の舞台となった場所を聖地巡礼すべくドライブに出かける。

次ページ
10位までのランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化