ビジネスプロセスとは? 活用するメリットや管理方法、具体例を解説

ビジネスプロセスの意味、重要性、そして効果的な管理方法について、現役フリーアナウンサーの阿部佳乃が詳しく解説します。現代企業が直面する課題を解決し、効率とパフォーマンスを向上させる秘訣(ひけつ)をお伝えします。

ビジネスプロセスとは? 活用するメリットや管理方法、具体例を解説
ビジネスプロセスとは? 活用するメリットや管理方法、具体例を解説

ビジネスプロセスの最適化は、現代企業が直面する多くの課題を解決する重要な要素です。この記事では、ビジネスプロセスの定義からその重要性、効果的な管理方法、そして実践的な具体例に至るまでの幅広い知識を説明します。企業のパフォーマンスを向上させ、競争力を高めるための戦略的アプローチを学び、実際のビジネスシーンに応用するための第一歩を踏み出しましょう。

関連記事:【ビジネス用語】サラリーマンに必須のカタカナ・略語一覧! 例文もあり

<目次>
ビジネスプロセスの意味とは
ビジネスプロセスと業務プロセスの違い
ビジネスプロセスの重要性
ビジネスプロセスを活用するメリット
ビジネスプロセスの管理方法「BPM」
ビジネスプロセスの具体例一覧
まとめ

ビジネスプロセスの意味とは

「ビジネスプロセス」とは、企業が製品やサービスを顧客に提供するまでに必要な一連の活動や工程を指す言葉です。これには、製品の企画から生産、販売、アフターサービスに至るまでの流れが含まれ、各ステップは企業の部門間で連携して行われます。

ビジネスプロセスは、安定的に繰り返され、ある程度のマニュアル化やルールに基づいて行われる傾向があり、その明確な目的は顧客に価値を提供し、企業自身も利益を得ることにあります。効率化や改善を図ることで、全体の業務フローを最適化し、企業のパフォーマンスを高めることができるでしょう。

ビジネスプロセスと業務プロセスの違い

「ビジネスプロセス」と「業務プロセス」は、混同されることがありますが、その焦点と範囲には重要な違いがあります。ビジネスプロセスは、企業全体の目標達成など活動の広い流れを指し、製品やサービスの開発、提供、販売など、顧客への価値提供を中心に構成されます。

一方、業務プロセスは、特定の部門やタスクに関連する一連の手順や活動の事を指します。業務プロセスは、ビジネスプロセスの一部として、日常的な運用や特定の業務目標の達成に重点を置きます。従って、ビジネスプロセスは企業全体の枠組みとしての機能を果たすのに対し、業務プロセスはその内部の具体的な作業フローを管理するためのものといえるでしょう。

ビジネスプロセスの重要性

ビジネスプロセスの重要性は、企業の経営効率と品質の安定性に直結しています。担当者の個々の経験や能力に頼ってしまう業務遂行は、再現性が低く、潜在的なリスクを持っています。そのため、企業内のあらゆる業務を標準化し、一連の作業流れを可視化することで、不透明な業務を明確にし、全体最適を追求することが求められるようになりました。

これにより、ビジネスプロセスは、企業の収益構造を強化し、パフォーマンスを向上させるための重要な要素となりました。また、ビジネスプロセスマネジメントにより、継続的な業務改善が促進され、企業活動の効率化と競争力の向上が実現します。

ビジネスプロセスを活用するメリット

ビジネスプロセスを適切に活用すると、多くのメリットがあります。1つ目は、ビジネス環境の変化に柔軟に対応できることです。事業内容の変更時には、プロセス内容の再構築や調整が容易になり、素早い対応が可能です。2つ目は、ビジネスプロセスの明確化と標準化により、不正やコンプライアンス違反のリスクを低減することができます。3つ目は、業務をプロセスとして捉えて可視化することで、継続的な改善の循環が生まれ、全体の効率が向上する点です。業務への理解が深まり、チーム全体の作業品質が安定します。

これらにより、業務の拡大が容易になり、新規メンバーの迅速なオンボーディングが可能です。企業が長期的な成長を遂げ、競争力を維持する上で不可欠な要素を担っています。

関連記事:コンプライアンスの意味とは? 使い方や例文、違反事例を分かりやすく解説

ビジネスプロセスの管理方法「BPM」

ビジネスプロセスマネジメント(BPM)は、企業内のさまざまな業務プロセスを最適化し、継続的に改善を図る管理手法です。BPMの導入により、業務の標準化、ヒューマンエラーの減少、効率化など多くのメリットが期待できます。業務プロセスを明確にし、その実施と改善を定期的に監視することで、組織全体のパフォーマンス向上を目指します。

・BPMとは
BPM(Business Process Management)とは、企業の業務プロセスを効果的に管理し、改善していくための方法論です。具体的には、業務プロセスの設計、実施、監視、最適化を通じて、企業の効率性と効果性を高めることを目指します。このプロセスにより、企業は業務の標準化を図り、業務フローを明確にして、ボトルネックの特定や解消、リソースの適切な配分を実現可能です。

関連記事:ボトルネックの意味とは? ビジネスでの使い方と例文、原因や解消方法を解説
関連記事:リソースの意味とは? ビジネスでの使い方や種類、リソース管理のメリットを解説

・BPMの推進方法
BPMの推進方法は、具体的な段階を経て行われます。はじめの「設計」では、既存のビジネスプロセスを徹底的に分析し、問題点や改善すべきエリアを特定します。このフェーズでは、プロセスの効率化を目指し、標準化や自動化の可能性を模索するのが大切です。2つ目は「モデル」段階です。改善策を基に新しいプロセスモデルを策定し、異なるシナリオ下での機能をテストします。3つ目の「実施」では、策定した改善策を具体的に適用し、業務の標準化や自動化を進めます。4つ目は「監視」です。実施された改善の効果を評価し、期待される成果が実現しているかを確認しましょう。最後は「最適化」です。監視結果を基にさらなる改善点を探し、再設計します。

このプロセスサイクルを通じ、企業は業務プロセスを継続的に見直し、最適化を図ることが可能です。この循環的なアプローチにより、企業は効率的かつ効果的な運営を目指します。

関連記事:フェーズの意味とは? ビジネスや医療現場での正しい使い方、言い換え表現、例文を解説

ビジネスプロセスの具体例一覧

ビジネスプロセスは、業種や部門によって多岐にわたります。ここでは、さまざまなビジネスプロセスの実例を見ていきましょう。

・顧客のオンボーディング業務
新規顧客獲得後のプロセスは、ビジネスの成果に直結します。これには、契約の確認からサービスのセットアップ、ユーザートレーニングまでが含まれているのが一般的です。顧客がサービスをスムーズに開始できるよう、複数の部門が連携して取り組む必要があります。具体的には、営業からカスタマーサポート、ITサポートチームまでが一連のフローに沿って動きます。

・カスタマーサービスの管理
顧客からの問い合わせ応答、不満解決、フィードバックの収集と改善のプロセスも、ビジネスの成長に欠かせません。これには、顧客に対してサービスを行うチームの迅速な対応、問題解決、そして解決策の文書化が含まれます。顧客満足度の向上は、リピート率や口コミの改善、企業の売上等に直結するため大変重要です。

・不動産業界における各種契約の手続き
不動産取引には多くのステップがあります。新規契約からキーの引渡し、入居者サポートに至るまで、各段階で正確な情報の提供と迅速な対応が求められます。ここでのビジネスプロセスは、効率性と顧客満足度のバランスを保ちつつ、法的要件の遵守も必要とされます。

・出荷、配送の手続き
商品の注文から配送完了までのプロセスは、ECビジネスにとって重要です。在庫管理から梱包、発送、顧客への配送状況通知まで、一連の作業がスムーズに行われることが必要です。効率化と正確性が求められるプロセスであり、顧客の信頼を構築する上で重要な役割を果たします。

まとめ

ビジネスプロセスは企業運営の基盤となり、顧客価値の提供と企業利益の向上につながります。明確化と標準化によりリスクを管理し、変化に柔軟に対応する体制を築くことが可能です。BPMによる継続的な改善は、効率化とパフォーマンスの向上をもたらし、競争力の維持に欠かせません。企業全体の目標達成に貢献し、業務プロセスの最適化を通じて、長期的な成長と安定を実現していきましょう。

■執筆者プロフィール
阿部佳乃
阿部 佳乃(あべ よしの)
アナウンサー×日本語教師/元TBSテレビあさチャン!報道リポーター。大学卒業後、佐渡ケーブルテレビを経て、UX新潟テレビ21/NHK水戸放送局キャスター/とちぎテレビアナウンサー。現在は、アナウンス講師、ナレーター、イベント司会等、フリーランスで活動しながら、大学や日本語学校で留学生に「日本語」を教えている。趣味は、旅行(47都道府県制覇)と声楽、読書。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化