「天璋院(篤姫)」がはまり役だった俳優ランキング! ダントツ1位『篤姫』の「宮崎あおい」、2位は?

All About ニュース編集部は「幕末を描いたドラマ&俳優」に関するアンケート調査を実施。「天璋院(篤姫)がはまり役だったと思う俳優」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:NHK公式Webサイトより)

『篤姫』
『篤姫』(画像出典:NHK公式Webサイト)​​​​​​
2008年に放送されたNHK大河ドラマでは、主人公として登場した『篤姫』(天璋院)。江戸城大奥を舞台に、数多くの作品に登場しています。
 
All About ニュース編集部は1月31日~3月7日の期間、全国10~60代の男女323人を対象に「幕末を描いたドラマ&俳優」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から「天璋院(篤姫)がはまり役だったと思う俳優」ランキングを紹介します!
 
>5位までの全ランキング結果

2位:北川景子(『西郷どん』/2018年)

2位にランクインしたのは、2018年放送の大河ドラマ『西郷どん』で篤姫役を務めた、北川景子さんです。
 
本作の篤姫は、気品あふれる華やかさと自由奔放な男まさりを併せ持つ役どころ。北川さんは大河ドラマ初出演ながら、篤姫の新境地を拓き唯一無二の存在感を見せつけました。
 
回答者からは「腹の座った篤姫は北川景子が良かったかな」(50代女性/東京都)、「美しく心が強い感じが北川さんのイメージとぴったりはまる」(60代女性/東京都)、「気の強さが篤姫と北川景子はピッタリ合っていると思います」(50代男性/東京都)といったコメントが寄せられています。

1位:宮崎あおい(『篤姫』/2008年)

1位にランクインしたのは、NHK大河ドラマ史上最年少で主演を務めた宮崎あおいさん(崎はたつさき)です。
 
女性視点で描かれた初の幕末大河ドラマであり、激動期の幕末から明治時代を生き抜いた篤姫の人生を描いています。
 
一本筋の通った篤姫を自然体で演じ、夫である徳川家定役を務めた堺雅人さんとのやりとりなど、随所に見どころがありました。宮崎さんの代表作と称されるほどハマり役です。
 
回答コメントでは「抜群の演技力が童顔なのに貫禄を見せつけた」(50代男性/宮城県)、「篤姫は宮崎あおいさん以外印象ないです。可愛さと強さがあり魅力的でした」(40代男性/兵庫県)、「もう目の保養としか言いようがありません、最高のキャスティングでした」(40代女性/福岡県)などの声が集まりました。
 
※回答コメントは原文ママです
 
この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間120本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。
次ページ
5位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは