「吉田松陰」がはまり役だったと思う俳優ランキング! 1位は『花燃ゆ』の「伊勢谷友介」、続く2位は?

All About ニュース編集部は「幕末を描いたドラマ&俳優」に関するアンケート調査を実施。「吉田松陰がはまり役だったと思う俳優」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像出典:プレスリリースより)

『花燃ゆ』
『花燃ゆ』(画像出典:プレスリリース

幕末の思想家であり、松下村塾で後の明治維新の原動力となる志士らを育成した長州藩士・吉田松陰。幕末屈指の秀才と言われる吉田松陰にぴったりハマった俳優は誰ですか?
 
All About ニュース編集部は1月31日~3月7日の期間、全国10~60代の男女323人を対象に「幕末を描いたドラマ&俳優」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から「吉田松陰がはまり役だったと思う俳優」ランキングを紹介します!
 

>5位までの全ランキング結果

2位:生瀬勝久(『龍馬伝』/2010年)

2位にランクインしたのは、2010年放送の大河ドラマ『龍馬伝』で吉田松陰役を務めた、生瀬勝久さんです。
 
勝は、福山雅治さん演じる主人公・坂本龍馬に、倒幕思想への影響を大きく与えた人物。本作で生瀬さんは、彼のリーダーシップや信念を貫く姿を重厚な演技で表現し、存在感を示しました。
 
回答者からは「頭のキレがとてもよく見えた」(30代女性/神奈川県)、「みんなを引っ張る先生然としていたところが印象に残りました」(50代女性/愛知県)、「目の光と強さが、良い人なんだけど思い詰めるというか無茶しそうな人物である雰囲気をうまく出していたと思います」(40代男性/兵庫県)といったコメントが寄せられています。

1位:伊勢谷友介(『花燃ゆ』/2015年)

1位にランクインしたのは、NHK大河ドラマ第54作『花燃ゆ』で吉田松陰役を務めた、伊勢谷友介さんです。
 
井上真央さんが主演を務め、伊勢谷さん演じる吉田松陰の妹の視点から激動の幕末期を描くストーリー。
 
長ゼリフも多い中、作中ではいくつもの名言が生まれ、視聴者を引き込みました。激しさの中にある優しさをにじませ、全身全霊で松陰を演じる姿が印象的です。
 
回答コメントでは「狂気を感じさせる目力」(50代女性/神奈川県)、「松陰のカリスマ性を表現できていたからです」(30代女性/大阪府)、「実際の松陰もこんな感じだったのかなと思わせる」(70代男性/東京都)などの声が集まりました。
 
※回答コメントは原文ママです
 
この記事の筆者:くま なかこ プロフィール
編集プロダクション出身のフリーランスエディター。編集・執筆・校閲・SNS運用担当として月間120本以上のコンテンツ制作に携わっています。得意なジャンルはライフスタイル・金融・育児・エンタメ関連。
次ページ
5位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない